人気ブログランキング |


ふじむら歯科医院の日々


by fuji-dent

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
執筆論文
歯科臨床ファイル
歯科医院のこと
学術研修
消毒システム
趣味
スポーツ
生まれたところ
その他
経過観察
未分類

タグ

その他のジャンル

カテゴリ:未分類( 55 )

11/30 岩手医大公開セミナー

木曜の診療を、少し早めに終えて、岩手医大循環器センター研修室で、県内各地の拠点を結んだ公開セミナーがあり、X線上でで見られる疾患の鑑別について勉強して来ました。歯根嚢胞とばかり思っている像でも、CTにて調べると別の像が見えて来るということが分かり、ますます大学などの専門機関との連携が必要と感じて来ました。
11/30  岩手医大公開セミナー_f0154626_10034227.jpeg

by fuji-dent | 2017-11-30 23:58

オートクレーブの新規購入にあたり試したこと その2

重力置換型オートクレーブ(クラスN)の滅菌能力チェックの続きです。
普段使いの滅菌テープはこれで、このテープを包装パック内に入れても滅菌状態を示します。
オートクレーブの新規購入にあたり試したこと その2_f0154626_18393213.jpg
オートクレーブの新規購入にあたり試したこと その2_f0154626_18391537.jpg
今回はこの他に別の化学的滅菌インジケーター、3M社の1243Aを使用してみました。インジケーターは高価で、YUYAMAから2、3枚やっと分けてもらえました。3Mに試供品をお願いしましたが1枚送ってもらうのがやっとでした。比較的大きな知り合いの医療機関に分けてもらえないか聞いてみましたが、外注だったり、試していないなどの返事でこれ位しか出来ませんでした。
オートクレーブの新規購入にあたり試したこと その2_f0154626_18392778.jpg
オートクレーブの新規購入にあたり試したこと その2_f0154626_18505093.jpg
オートクレーブの新規購入にあたり試したこと その2_f0154626_17113036.jpg


むき出しで滅菌した細いバキュームチップ(中空想定)では以下の2種類で滅菌状態を示しました。中空のものは滅菌できないわけでもなさそうです。


オートクレーブの新規購入にあたり試したこと その2_f0154626_18500925.jpg
続く




by fuji-dent | 2017-04-03 18:51

白鳥2羽

白鳥2羽_f0154626_846272.jpg
 今朝の通勤コースは、出発が遅れたので中津川左岸コースに変更。おかげで見られた景色もありました。先週の金曜、中ノ橋下流で見つけたときはすぐ近くに凛と美しく立っていて、天気も良く絶好のシャッターチャンスでしたが、iPhoneの機種変更に伴うトラブルでカメラが無く悔しい思いをしました。今日は距離もありあいにくの曇天でしたが、富士見橋付近と市役所前、2羽見つけたので良しとします。白鳥が飛来すると、土着のカモたちは相手にされないのがややかわいそうです。
白鳥2羽_f0154626_8575012.jpg

by fuji-dent | 2013-11-19 08:58

高校野球岩手県大会決勝 盛岡大付属対花巻東

 雨で日程が順延、そしてオールスター盛岡開催のおかげで、昨日の休診日に決勝が転がり込み、夏休みに入っていた次男と、大谷投手を一目見ておこうと観戦に出かけた。
ネット裏スタンドには上着を着た外人の姿も見られ、すわ、メジャーのスカウトかと思った。
高校野球岩手県大会決勝 盛岡大付属対花巻東_f0154626_165854.jpg
スコアボードの球速ばかり気になった。この日の最高は156km高校野球岩手県大会決勝 盛岡大付属対花巻東_f0154626_1662177.jpg

高校野球岩手県大会決勝 盛岡大付属対花巻東_f0154626_167027.jpg プロでも最高レベルのスピードで、絶対これは打てっこないと思っていたのだが、盛大付属のバッターが、きちんとミートしてくるのには驚いた。大学に入ったときだったか、春の選抜の江川卓投手は凄かった。対戦するバッターが何人目かでバットに当てやっとファールにした時、場内に歓声が起こったほどだ。そこから考えると今どきのバッターが進歩しているのか、あるいは江川の球はいったいどれぐらいのスピードだったのだろうかと想像するのであるが、いずれ球場に来るまでに抱いていた試合のイメージとはかけ離れた展開で、盛大が先取点まで上げた。

 問題は3回表、盛大の攻撃中にに起こった。ランナーを1,2塁に置き、いいあたりのライナーがレフト方向に飛んでいった。(ファールか、結構飛んだな・・・)などと思っていたら、どうもホーム付近が騒々しい。
 (何? ホームラン? ええっ?・・・ でもまだ球審はファールとも、ホームランともジェスチャーをしていないぞ・・・)
高校野球岩手県大会決勝 盛岡大付属対花巻東_f0154626_16281569.jpg
ハラハラしていたら、レフトのポールの後ろで見ていた男女二人連れの男性の方が、ファールのジェスチャー。
 なーんだ・・・・
 でも依然として球審は何のコールもしない。イヤ、していたのかもしれないが、この観客の方ばかり見ていたので気付かなかった。場内は騒然としてきた。
 そのうちランナーがベースを回り出した。続々とホームイン。
 そうしたら最初にファウルのジェスチャーをしていた男性が立ち上がって、ファールのジェスチャーでアピール。益々大騒ぎになってくる.
花巻東が、線審はファウルグラウンドから見ていたので、球審の意見はどうかと確認しに来た。
高校野球岩手県大会決勝 盛岡大付属対花巻東_f0154626_16291115.jpg
しかし判定は覆らない。
ファールだろ〜!何見てるんだ〜!など怒号の連続。
そのうち件の男性が、オレは見ていたんだ!ファールだ!と立ち上がってアピール。
(勇気ある男性だ、と感心、どうも本当なのだろうと想像)
高校野球岩手県大会決勝 盛岡大付属対花巻東_f0154626_16435319.jpg
この男性は良い位置で見ていたと思われるので、本当はファールだったのかもしれないが、何の権限も持たないこの男性のジャッジを参考にするわけにも行かないので、審判の意見が尊重されるのは言うまでもない。しかし、本当に審判がしっかり見ていてジャッジしたのだとすれば、判定が決まるまでのあの空白の時間は何だったのだろう。実際のところ余りよく見えなかったのだろうと思う。
 フェアかファールか、本当のところはわからないが、ビデオ判定の用意もなく、そういうシステムにすらなっていない現場では、万一誤審があっても致し方ないであろう。サッカーでも前回のワールドカップや6月のEuroでもゴール判定に誤審があったし、国内でもちょうど10年前、高校サッカー岡山県大会決勝の作陽高校対水島工業戦でも、レフェリーのみが気付かないというほどの大誤審が出てVゴールが認められず結果的に敗者が勝者になってしまった。本当は負けていたのに出るわけにはいかない、と勝った方の部員が退部するほどの騒ぎにまでなった。
 誤審は勝者にも敗者にも大きな傷を残す。またサヨナラエラー、大暴投など選手個人のプレーのせいで勝敗が決まることもよくある話である。
 だからいつも(インターハイ県予選準決勝で抽選負けした経験のある)ボクは、学生スポーツの結果は、野球であればコールド負け、サッカーであれば5−0など、負ける方は完膚無きまでに負けるのがいいと思っているのである。

 花巻東の大谷投手の高校野球は終わってしまった。出場すれば、かなりのところまでは行けると思っていただけに、勝った盛付には悪いがいささか残念であった。午後、夕食前に小腹が空いたのである盛岡のソウルフードの店に入った。お店でも大谷投手の話題で持ちきりであった。話をしていた人たちはじゃじゃ麺の食べ方を店の人に教わっていたので、おそらく他県からこの試合を見に来て、帰りに名物を食べに来たのであろう。
 見上げると3年前に高校野球で大活躍した、花巻東の先輩投手のサインがあった。日付を見ると9月。ドラフトを前に心動いていた頃だ。
高校野球岩手県大会決勝 盛岡大付属対花巻東_f0154626_1726473.jpg

彼はこの晩、今季初勝利を挙げた。
話として出来過ぎのようだが、ホントの話である。

 7.28 追記
YouTubeで「疑惑のホームラン」について多くの投稿があったので、一つリンクしておく。
盛大附属 vs 花巻東 明らかな誤審 大谷翔平 7/26
by fuji-dent | 2012-07-27 17:31

30年

 以前の記事から2ヶ月あまり。随分と更新が滞っていました。
毎日毎日暗いニュースばかりで、さっぱり記事を書く気にならなかったためです。

 今朝の新聞の日付を見て、これではイカンと一気に投稿いたします。今日は6月12日。現在宮古市長になっている山本正徳氏と県庁にいって歯科医籍登録をしたのが30年前の昭和56年6月12日でした。つまり今日でちょうど歯医者になって30年になったわけです。
 ボクが第82319号ですから、山本君は第82320号だと思います。前にも書きましたが、開業日は二人ともその3年後の昭和59年4月12日。そしてボクが現在地に移転開業したのは平成12年6月1日。山本君が(正確にはお嬢さんですが)グリーンピアで仮診療所を立ち上げたのも本年6月1日。
 ご縁があるなあと思います。

 
30年_f0154626_13201983.jpg

 
by fuji-dent | 2011-06-12 13:20

被災地の医療現場

 東京から被災地の一つ陸前高田に支援スタッフとして入られた看護師の方の記事があるブログで紹介されていました。
 圧倒的な迫力です。

陸前高田に入られた支援医療スタッフの記事

 是非お読み下さい。
by fuji-dent | 2011-04-05 17:38

解説者にも配慮を

 東日本大震災復興支援チャリティーマッチ 日本代表2—1Jリーグ選抜
 小笠原選手は練習不足か不調でした。試合のレベルはともかく、全く配慮がないどこかのプロスポーツと違って、サッカー界の支援を表明することが出来、サッカーファミリーの片隅にいる人間としても嬉しく思いました。
解説者にも配慮を_f0154626_17582065.jpg


 でも、解説、 都並 (つなみ) はないでしょう・・・・
by fuji-dent | 2011-03-30 18:00

原発難民

 福島県南相馬市で開業している大学の同級生加藤君が、原発のため避難逃亡生活中をしているという話は聞いていましたが、昨日岩手に来たという知らせが入りました。とにかく息抜きでもさせようということになって、恩師の名和先生、同級の桐田と誘い合って加藤家と夕食をともにしました。
原発難民_f0154626_17541284.jpg

 自宅も診療室も何ともないのだが、原発事故のため避難区域になり仕事が出来ないのだそうです。地震後数日の時点で無念ながらスタッフには歯科医院の解散を告げ、ご自身も家族とともに避難に至ったそうです。スクリーニングを受けたという証明書を持参していました。
原発難民_f0154626_17393798.jpg

杉原千畝の「命のビザ」ではありませんが、スクリーニング証明がないので避難所に入るのを拒否されたという新聞記事も読みました。彼らは被害者なのです。戦争中のユダヤ人の方々の話ではないのです。

 現在就職活動中だというK君と固い握手をすることぐらいしか激励にはなりませんでした。
by fuji-dent | 2011-03-30 17:44

物流回復

 地震以来物流が停止し、患者さんの歯磨き指導に使っている歯ブラシが在庫あと1,2本のところまで追い込まれていました。被災地への歯ブラシ援助の依頼があり、60〜70本、在庫のほとんどを歯科医師会に持って行ったためです。

 火曜から一気に物資が入り始め、やっとホットいたしました。
by fuji-dent | 2011-03-29 16:55

親友の死

 親友の一人、大槌町職員K君は地震発生後、町長と一緒に流されたという話でしたが、すばしっこかった彼のこと、一縷の望みは持っていました。
 しかし3/19、遺体で見つかったという知らせが入りました。それ以来、心にぽっかりと穴が空いてしまったようで、毎日彼のことを考えないように努めないと息苦しくなります。
 以前このブログでご紹介した写真にもK君はいます。
親友の死_f0154626_18231812.jpg


 彼と初めて会ったのは中学校の時の、付属中対大宮中のサッカーの試合でした。何度も対決していましたが良い勝負。最後の県中体連で、我々は準決勝、遠野中に延長で負け、決勝ではその遠野中を下した大宮が初優勝しました。

 盛岡第一高校の入学試験日、早く行ったボクは自転車置き場のところにいました。
 「よう!」
 「俺、大宮のサッカー部だ。サッカー部入るの?」

 クラブが終わったあと、家の方向が一緒だった我々は毎日一緒に帰りました。腹が減って肉屋のメンチカツを2,3人で買って、一口ずつ分け合って食べたことを思い出します。
それから41年。
親友の死_f0154626_18453276.jpg
ずっと友達でした。
 フランスのワールドカップにも一緒に行きました。
 我々サッカー部を中心とした仲間は、仕事はお互い違っても年に数回は必ず会っていました。この正月も学年同級会で一緒でしたし、ずっとお互い年を取ってもこういう関係は続くのだと思っていました。


 ボクは彼が亡くなったと考えないことにしています。
 2〜30年ほどの長期出張なんだと。

 だからまた会えるのです。

 

 
by fuji-dent | 2011-03-26 18:09