人気ブログランキング |


ふじむら歯科医院の日々


by fuji-dent

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
執筆論文
歯科臨床ファイル
歯科医院のこと
学術研修
消毒システム
趣味
スポーツ
生まれたところ
その他
経過観察
未分類

タグ

その他のジャンル

カテゴリ:趣味( 12 )

いだてん最終回

 昨夜、いだてん最終回を見ました。大河とすれば低視聴率だったかもしれませんが、勘九郎ファンの我が家とすれば、満足満足。最後のシーンは金栗のストックホルムゴールシーンだろうという予想も当たりました。実は8日日曜はオトキュウ二回目の東京日帰りを利用して、国立映画アーカイブのオリンピック記録映画特集、ローマ大会編を見てきました。東京大会では2時間15分の最高記録で走りながら、哲学者みたいだったアベベですが、ローマ大会では満面の笑み、彼の笑った顔を初めて見ました。東京オリンピック後、色の黒い奴のあだ名は突然アベベになりましたっけ(笑)。

リーフェンシュタールのベルリン大会、市川崑の東京大会も勿論見たかったのですが、日程が合わず断念。東京の人は羨ましい。
いだてん最終回_f0154626_18245747.jpg


by fuji-dent | 2019-12-17 09:34 | 趣味

ラグビーWカップを終えて

  ブログとなるとつい構えてしまうのでしょうか、ずいぶん投稿が空きました。地区の歯科医師会雑誌の原稿で書く機会があったので、それをもとに一部手直しして掲載します。

 ラグビー雑感

 今回のラグビーワールドカップはとても楽しい時間でした。高校の時には、地元の盛岡工業が花園で全国制覇するのをTV観戦して感動しました。スクラムなど、それっとばかりに盛工が押すと相手はたまらず後退。痛快でした。高校では当時冬期には、受験直前の3年生まで参加する全校上げてのクラスマッチのラグビー祭なるイベントがありました(現在は中止)。当然その準備もあり冬季の体育の授業はラグビーが中心でした。当時のアルバムの中に3葉の写真を見つけました。

ラグビーWカップを終えて_f0154626_12293987.jpg
ラグビーWカップを終えて_f0154626_12294748.jpg
ラグビーWカップを終えて_f0154626_12291188.jpeg
 上から、2年時のラグビー祭の時(白黒)と、翌年3年時の、引退する3年生ラグビー部員の壮行試合に借り出された時の、セピア色になった写真2枚です。白黒の写真、ボールを蹴っているのが私で、すぐ後方の2人は病気と震災で既に鬼籍に入っていることに気づきました。昔1月15日に行われていた日本選手権決勝には、釜石の6連覇目の時(確か北の湖引退直後でした)、それから上田監督時の慶応優勝時の2回、観戦に行きました。今回、釜石での2試合目も行く予定でしたが台風により中止、あれだけの被害では仕方ありません。
 大学のラグビー部のOB(私はサッカー部でしたが)に誘っていただいて、社会人同士のラグビーの試合や、出てみたら、なぜかその試合が盛岡一高と岩手高校とのOB定期戦だったこともありました。トライ後のコンバーションキックはサッカー部なのでお手の物、見事にいつも決められたのが自慢です。
 ラグビーは私がやってきたサッカーが原点ですが、ノーサイドの言葉に代表されるようにマナーがよろしい。観戦していても気持ちが良かったです。それからout of play時や交代時などに時間が止まり、それが表示されるのもいいですね。あの仕組みだとサッカーの、演技賞ものの痛がり様とか、交代時の牛歩戦術なども改善されるのに・・・などと思いました。

by fuji-dent | 2019-11-09 12:45 | 趣味

永遠の0

正月休みのためなかなか木曜休みが取れず、昨日やっと「永遠のゼロ」を見る事ができました。「読んでから観るか観てから読むか」、昔の角川映画のキャッチフレーズですが、ボクは読んでから観るとガッカリすることが多かったので「観てから読む」派です。
永遠の0_f0154626_12463945.jpg

 「永遠の0」は本屋大賞を取ったので先に読んでいました。ボクの小学生の時には週刊少年マガジンやサンデーに時々太平洋戦争の事が特集されていました。レイテ沖海戦、ミッドウェー海戦、ガタルカナル島、アッツ島、また当時の軍艦などの構造も小松崎画伯の挿絵で何度も見ました。また「丸」などの雑誌も時々本屋で立ち読みしていましたからどちらかというと先の大戦の軍備、特に戦闘機部門については詳しい方だったはずですが、書籍「永遠の0」で出てきた著名な戦闘機乗り達のお名前はほとんど存じ上げませんでした。なぜ今までこのような内容を知る事ができなかったのか不思議でなりませんが、いずれそのお名前はほとんどwikiで検索可能で、大変興味深く拝見いたしました。ともあれ、あの厚みのある本を読破するのは時間がかかりましたから、あの内容を映画でどう纏めるかということも興味がありました。
 結果(ネタバレ注意)、たいへん満足いたしました。CGと思われる空撮も迫力十分。これは書籍にはできない芸当です。グラマンF6F、P38ライトニング、確かムスタングも出てきましたね。書籍であった姉の彼氏は割愛されていて話が単純化し、かえって主人公に視線が集中したように思います。その他取材で出てきた航空隊の面々の逸話などは、いつかまた日が当たる時期を待ちましょう。胸を打たれました。まず買わないパンフレットも迷わず購入しました。
永遠の0_f0154626_1314416.jpg

 子どもの頃ボクはプラモデルを多く作り、ほとんどは大戦時の戦闘機でした。アメリカの戦闘機もF6Fグラマン、コルセア、P38ライトニング、P51ムスタング、また、爆撃機もB25ミッチェルなどたくさん作りました。それら戦闘機は田宮模型(今のタミヤ)、マルサン、フジミなどから多く売り出されていてかっこいいと選んで作りましたが、この映画を見て、少なくともアメリカのは作らなければ良かったなあ・・・と思いました。
by fuji-dent | 2014-01-24 13:04 | 趣味

忙しい休日

 先週末は秋田でお勉強に費やしたので、休診日の11月29日は朝早くから行動することにしていました。
 3:20 起床 4:00 岩洞湖へ 5:00過ぎから10:20まで釣り。63匹にて終了。その後午前受付ギリギリでインフルエンザ予防接種。ワカサギを半分お裾分けに北方面に行ったあと、人気ラーメン店で昼食、その後本屋でブラブラ、ここから見える岩手山、我が家よりは近いのでより雄大に感じます。
 眠さを堪えて散髪をした後、昨日壊れたバキュームミキサーの新品をさっそく取り付けに来てくれるというので診療室へ戻り、無事動作確認後は大学図書館へ。
忙しい休日_f0154626_1214023.jpg

 目的はこれ。
忙しい休日_f0154626_12581965.jpg
前回ブログのM先生のペーパー。日臨矯誌が大学蔵書にあったのでコピーに来ました。文面からM先生の声が聞こえてくるようでした。
 学生時代通った焼鳥屋さんで軽く一杯やった後帰宅しました。ハタハタを売っていたので、先日秋田から買ってきたしょっつる汁を使ってみたという家人。合うのは当たり前ではありましたが、本当に美味しかった。休日を堪能できましたが、普段8時間は寝ている身、終始目がショボショボでした。
忙しい休日_f0154626_1341670.jpg

by fuji-dent | 2012-11-29 08:44 | 趣味

現時点では「わからない」と言うのが正しい

 ボクの趣味の一つにワカサギ釣りがあります。今日は、解禁後の初の平日休み、例年なら小躍りして氷上に居るはずなのに、岩洞は良いコンディションだろうな?と思いながら診療室のパソコンの前にいます。暖房を付けているのに足元が寒くって仕方がない。スタッフ用の足元ストーブをつけていたら息苦しくなって換気しました。テント内より暖かいはずなのに、めっきり弱くなったもんです。

現時点では「わからない」と言うのが正しい_d0118146_973171.jpg 児玉龍彦 「内部被爆の真実」
 先日読んだ本です。結論は「影響はあるがどの程度かはまだわからず、20年〜30年経ってみないとわからない」ということでしょう。巷では慣れもあり「暫定基準値」なるものが大手を振っていてこれを下回れば大丈夫という空気になっていますが、そもそもこの「暫定基準値」が何の根拠もないことは、その後の基準値が、組織や対象によって下方修正されてきていることからも明らかでしょう。
 震災直後読んだ、ドイツ放射線防護委員会の提言をもう一度読み返してみました。山菜などの葉物は食べないようにという過激な警告でしたが、この時は、まさかそれほどのこともあるまいと高をくくっていましたし、山菜のシーズンで、食べたい欲求の方が強くいっぱいいただきました。秋のキノコも同様です。

 委員会提言から引用しますと
「評価の根拠に不確実性があるため、乳児、子ども、青少年に対しては、1kg あたり4ベクレル〔以下
Bq:訳者注〕以上のセシウム137を含む飲食物を与え ないよう推奨されるべきである。成人は、1kgあたり8Bq以上のセシウム137を 含む飲食物を摂取しないことが推奨される。」

「何て大げさな・・・」と思ったのも事実ですが、
欧米各国が地震直後日本から自国民を出国させようとしたときも同様に、「何て大げさな・・・」と感じたことを思い出します。その後の放出された放射能のデータや影響を見ますと(朝日新聞連載「プロメテウスの罠」に詳しい)ある意味間違っていない判断だったこともわかります。

 昨年発表されたワカサギの検査値は50~60ベクレルです。健康を害する量なのかどうかは「わからない」というのが正しいのでしょうし、ボクの年齢になりますと20〜30年経てば、セシウムに関係なく病を得ると思いますから、現実には「関係ない」のでしょうが、少なくとも子どもには「入っている」ということがはっきりしているものは食べさせたくないと思います。

平井憲夫さんの講演要旨も読んでみて下さい。1996年に原発事故の恐ろしさを講演した講演もYoutubeで見ることが出来ます。原発作業員の監督だった平井さんは癌に冒され死期が迫る中、何とか事実を伝えたいと活動され、実際この講演のあと3ヶ月後に亡くなられたそうです。現在原発の実状がわかってくる中、事実だったことがわかります。
平井憲夫さんの講演Youtube
15年も前に訴えていたのに気付かなかったことは、悔やまれます。
by fuji-dent | 2012-01-19 10:04 | 趣味

2012年 岩洞湖氷上ワカサギ釣り明日解禁

 私の趣味のうち最大級のものはワカサギ釣りでした。
(でした)と過去形で書いたのは、終了してしまうかもしれないからです。
2012年は1月11日解禁と、私がワカサギ釣りを始めてからは1番早い解禁日となりました。例年ならドーム船で準備運動を重ね、氷上はサアどこに入ろうかとソワソワしている頃なのですが、残念ながら今年は秋ドームは不参戦。そして本チャンの氷上ワカサギ釣りも準備すらしておりません。微量ながらもセシウムが検出されたというのがその理由です。昨シーズン中盤からは毎回150オーバーで、やっと余裕を持って遊べるようになったのに残念です。ワカサギ関連ブログの中には今回検出された50~60ベクレルを、自然放射線の被曝量と比べ、健康に影響がないとしているものもあるのですが、内部被爆と外部被爆は区別されるべきで、考え方そのものが誤りです。

 ワカサギは数釣りもまた楽しく、たくさん釣りたいが為に早起きをするのですが、好釣果ですと食べきれずお裾分けをします。でも、お裾分けの際「ほんの少し入ってますが健康には影響がないですから」とE元官房長官のようには言えません。影響がないのかわからないからです。

 今回の微量セシウムを考えるにあたり次の2通りがあるように思います。

 1 全く問題がない量だという考え方
  どこかのCSで震災直後大前研一氏が語っていました。大前氏はもともとはMITで原子力専攻だったとのことです。留学中、実験中にプルトニウムを誤って飲み込み、半減期50年なのでまだ半分にもなっていないが、現在のところ全く健康に影響はないという話。

 2 内部被爆の影響は2〜30年経ってみないとわからないのだという考え方
  東京大学アイソトープ総合センターセンター長兼東京大学先端科学技術研究センター教授、国会での抗議で有名になった児玉龍彦氏の意見。職業柄こちらの方を尊重したいと考えています。
  "内部被曝の真実 (幻冬舎新書)"を購入してみたので、日曜までに読破の予定です。

 しかし、お二人ともMIT(マサチューセッツ工科大学)留学経験があるというのも興味深かったです。

 (この内容は別ブログにも重複投稿予定)
by fuji-dent | 2012-01-10 15:40 | 趣味

新年明けましておめでとうございます

 2012年となりました。
 今年もよろしくお願いいたします。

 昨年末から診療室の複数台のパソコンの調子が気になりだし、いろいろ手を加えています。お正月休みも、30日から元旦以外毎日診療室に来て、パソコンやらユニット周りをいじっていました。

新年明けましておめでとうございます_f0154626_10182949.jpg 年末のこの日は昔買ったPowerBookG4(最初の型)に後付のAirmacカードをオークションで落札し取り付け。この数日前には10数年前に買ったMac7600/200(何とOS8.6)に同じくオークションで落札したメモリ192MBを取り付けました。

 新しいものに替えた方が快適なのはわかっていますが、どうもまだ機能するものは捨てられないのです。歯も、身体に迷惑をかけない限り、最後の最後まで患者さんのお口の中で使っていただこうと考えています。
by fuji-dent | 2012-01-01 15:20 | 趣味

久しぶりのスキー

  今日は2の並びの珍しい日とは言っても、とりわけ何も変わったことはありませんでした。今晩の22時22分22秒となれば2の並びがさらに続くのですが、元号表示の電波時計は果たして我が家にあったかしら???

 さて昨日は次男と安比スキー場に行ってきました。ボクは今シーズンの初滑り。昔はしょっちゅうスキーに行ったものですが、この頃の冬の休日の最大事業は氷上ワカサギ釣りなのでせいぜいシーズン2回ほどのスキー。
 幸い天候に恵まれ次男は大喜びでした。

 
久しぶりのスキー_f0154626_19123769.jpg


 こちらは付きっきりなので、同じスピードでしか滑っていないのに、あちこち筋肉痛。同級生には孫が生まれたのも数人いるっていうのに、次男はまだ小3。楽しいことも多いが体力も要ります。
by fuji-dent | 2010-02-22 19:15 | 趣味

北上 鬼の館

 GWは混雑がイヤで、近場の日帰りで過ごしました。連休二日目に行ったのは北上市の「鬼の館」。行ってみて分かったのは、大学の教養部の時に習った科学の力丸先生が初代館長だったっていうことです。
 
 秋田県男鹿市の「なまはげ館」に行ったことがありますが、なまはげを始めとした各地の伝統工芸のお面の顔と、またピカソのマスクに見る、アフリカの伝統的な仮面の顔には共通点があると思っていました。こういう言わばprimitiveなものは世界共通のような気がしています。今回の「鬼の館」でまたその思いを強くしました。

 (館内にはフラッシュ・ストロボによる撮影は禁止とあったので非発光で撮影)
北上 鬼の館_f0154626_16301840.jpg
北上 鬼の館_f0154626_16303933.jpg
北上 鬼の館_f0154626_16315037.jpg


しかしこうしてみると鬼は不正咬合になっているのがほとんどですね。不正咬合は醜悪な顔に見えるっていうことでしょうか。

北上 鬼の館_f0154626_16325861.jpg


これは上下顎の犬歯唇側転位(八重歯)

北上 鬼の館_f0154626_16334658.jpg


これは反対咬合+犬歯唇側転位(八重歯)です。
「劣形な上顎に犬歯の低位唇側転位を持ち下顎の前歯部に叢生が認められるAngleⅢ級の成人症例」ってとこかな(笑)

北上 鬼の館_f0154626_1636134.jpg


気の毒に左右的すれ違いもありました。
by fuji-dent | 2009-05-14 16:39 | 趣味

三連休その2

 最終日は今回の旅行の目玉と言える川崎フロンターレ対千葉のゲーム観戦を予定していました。子供らは川崎のファンでしたが、ボクはもともと千葉が好き。ジェフの前身は古河電工、そう母校の先輩八重樫茂生選手が所属していたチームです。そういえば生まれて初めて見たトップレベルの試合も1966年頃行われた、岩手県営陸上競技場での日本リーグ、古河電工対ヤンマーの試合でした。

 Jリーグ誕生後しばらくはさほどの愛着も持っていませんでしたが、イビチャ・オシムと言う監督が来て、彼の面白いコメントを知るようになってから(オシム語録)このチーム(特にオシム監督)が好きになりました。

「ライオンの前にいるウサギが『足が痛い』と言うかね? 準備が足りないのです。」

 この頃のジェフは、チェ・ヨンスと言う切り札を持ち、物凄く強かった。勝てばJ制覇というときに2試合負けてしまったのは実に残念でした。しかしもっと残念だったのは、良い試合をしながらも全く観客が入らない、本当にかわいそうなチームだったことです。どこのゲームも2万は入っているときに観客7千人とか、新聞で観客数を読む度に、こんな極東の弱小チームを選んでくれたオシムに申し訳ないと、暗い気持ちになっていました。

 こういう事情があったためチームは「ジェフユナイテッド市原・千葉(略称ジェフ千葉)」とチーム名を改称し、「千葉のチーム」としてより多くの観客(特に千葉県民)に応援してもらおうとしたのも当然の選択でした。

 そしたら市原市民が「市原の名前を消さないで」と署名運動をし始めたのです。

 あまりの身勝手さにたまらず市原市役所にメールをしました。

「こんな良いチームを持ちながら応援にも行かない。観客数の少なさに困っていたのは有名な話だ。自分たちのチームと思うのだったら、まずスタジアムに行って応援すべきだったのに、市原の名前の露出度が減るからと、チームの生き残り改善策を潰そうとするのはあんまりではないか?」

 観客も少ないこのチームは資金もないので、育てた選手達は少し有名になると他の(金持ち)チームに買われていきます。阿部勇樹、羽生、水本、水野・・・・・。オシムはそれでもグチも言わずへこたれませんでした。

 ところがチーム最大の武器であったオシムという監督自体が「代表監督」に引き抜かれてしまいました。別なチームからのオファーではないので「代表監督」というポジションに付いたオシムに「なんだ彼も今までの選手達と同じじゃないか」と感じることは間違っています。チームももちろん出したいはずもなく、ただ「日本代表を強くするために」、身体の一部を引き裂かれる思いで送り出したのです。

 そのオシムも道半ばで病に倒れ、さらにチームの後を託された息子のアマルも契約を解除され、ともに日本を去りました。元々入れ替えゾーンの常連だった弱小チームが、オシムのおかげで強豪チームになっただけのことです。とたんにチームは弱くなっていきました。昨年の劇的残留はありましたが、今年もあまり良い要素はありません。

 ですからこういうチームを見捨てるわけにはいきません!
三連休その2_f0154626_18395730.jpg

by fuji-dent | 2009-03-24 18:34 | 趣味