人気ブログランキング |


ふじむら歯科医院の日々


by fuji-dent

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
執筆論文
歯科臨床ファイル
歯科医院のこと
学術研修
消毒システム
趣味
スポーツ
生まれたところ
その他
経過観察
未分類

タグ

その他のジャンル

顎顔面矯正セミナー終了

 9月から12月まで土日の研修を4回、計8日間の顎顔面矯正セミナーを受講しました。
この矯正治療は、顎の骨の中で歯の移動を図る通常の矯正治療法と違い、上顎を拡げて歯が並ぶ顎の骨を大きくしていこうという治療法です。その結果として、通常の矯正治療で行われる、狭い顎の中に歯を並べるための永久歯の抜歯をすることが激減し、また、矯正治療の悩みである治療後の後戻りも少なく出来ます。さらに二次的な効果として鼻呼吸が出来るようになること、姿勢の改善も図れます。今まで岩手医科大学や東北大学の矯正科による卒後研修、また3Dシステムによる矯正治療コースなどを受講してきましたが、全く概念が異なるものでした。たいへん感銘を受け、今後の当院での治療に役立てようと思っています。

顎顔面矯正セミナー終了_f0154626_19335062.jpg




















講師の黒江和斗先生と。
しかしカメラマンは主催したメーカーのスタッフでしたが、ネクタイが曲がっているのを教えてくれても良さそうなものです。僕はよくやっちゃいます。
顎顔面矯正セミナー終了_f0154626_19334420.jpg

# by fuji-dent | 2015-12-06 19:36 | 学術研修

DCC特別例会 阿部二郎先生の総義歯講演会

11月22日は朝から夕方まで、上記阿部二郎先生の講演会。おそらく25年ほど前、「臨床歯科を語る会」で「てんとう虫スタディグループ」の一員として発表していた頃とは、格段の存在であった。当院では保険でやっているので、その点は誇っても良いかな?
# by fuji-dent | 2015-11-22 20:19 | 学術研修

郡山 日本顎咬合学会東北支部研修会

 11月15日は、郡山に出かけて上記研修会に出席してきました。
特別講師の塚原先生とは数年前から「臨床歯科を語る会」でお付き合いがあります。彼の臨床をじっくり拝見してきました。

郡山 日本顎咬合学会東北支部研修会_f0154626_20132400.jpg





# by fuji-dent | 2015-11-15 20:14 | 学術研修

大学卒後34年目の同級会 in 仙台

 臨床歯周病学会が終わったあと、幸い同級会も4時間後に同じ仙台で行われるので、それまでの間お散歩に出かけました。まずは今まで行ったことが無かったホテル近くの晩翠堂を訪ねてみました。
大学卒後34年目の同級会 in 仙台_f0154626_18551156.jpg
 
 我が母校の校歌は土井晩翠作詞、山田耕筰作曲ということでしたが、確かに作品集の中にありました。
大学卒後34年目の同級会 in 仙台_f0154626_18561440.jpg
休日の特権、ビールとともにお昼を食べ、同窓会場に出かけました。
大学卒後34年目の同級会 in 仙台_f0154626_19002423.jpg
僕にとっては6、7年ぶりの旧友との再会。時を忘れ明け方3時過ぎまで、最後は男3名でカラオケでした。

3日間の疲れもあってか、帰りの新幹線にメガネを忘れ、終点まで旅したメガネを後日青森警察署から送っていただくというオチが付きました。

# by fuji-dent | 2015-09-09 19:07 | その他

7/18 臨床歯周病学会2次会 「藤村先生を囲む会」が・・・

 地元の歯科医とはなかなか突っ込んだ臨床の話が出来ないもどかしさをいつも感じていました。学会初日が終わり、スタッフに牛タンをしこたま食わせたあとは、臨床歯周病学会で全国名うての歯科医が集まるこの晩、「懇親会の後何人かで集まって、酒飲もうよ!」と旧知のK先生にお願いしておきました。その学会理事K先生はちゃんと私との繋がりのある数人に「藤村先生が飲みたがっているから行こうよ」とちゃんと声がけをしていてくれました。
 で、待ち合わせの店で待っておりますと、何やら、人数が多い。同じく友人のW先生は
「いやあ明海のS教授もいらっしゃったよ」
「!」
S先生は私が「追っかけ」をしたこともある臨床の名手。もちろんS教授は僕の、顔は見たことはあっても名前は覚えておられなかったのですが、タイミングが合ったのか、来て下さってこちらは感激。
 その他臨床歯科の面々やFB仲間など、旧知のメンバーがあれよあれよと25人ばかり・・・

W先生が、
『「今日は藤村先生を囲む会」ということでお声がけをしたところ、このようにたくさんの・・・』という挨拶をされたので、行きがかり上ご挨拶をするはめに。
最後の方は全く存じ上げない方もいらっしゃいましたが、30名ほどになった会場でした。
その後、熊本でお世話になって東先生に無理矢理お付き合いいただき3次会。
尊敬する歯科医師ぼお仲間との邂逅で久々に楽しい晩でした。
準備してくれた北海道のK先生、東京のW先生始め、皆様に感謝。7/18 臨床歯周病学会2次会 「藤村先生を囲む会」が・・・_f0154626_1982582.jpg7/18 臨床歯周病学会2次会 「藤村先生を囲む会」が・・・_f0154626_1992650.jpg
7/18 臨床歯周病学会2次会 「藤村先生を囲む会」が・・・_f0154626_19124610.jpg

# by fuji-dent | 2015-07-18 18:44 | 学術研修

7/18 臨床歯周病学会参加


7月18、19日と、仙台で行われた「臨床歯周病学会」にスタッフと参加して来ました。僕は会員ではありませんが、仙台で行われるので、スタッフにはいい機会だと参加を決めました。本当は3名で参加の予定でしたが、諸事情でひとり脱落、さらに前々日に突然スタッフが体調を崩し入院する事態になりまして、当院のエース歯科衛生士と二人での参加になりました。スタッフとは言え、女性と二人だけの泊まりがけ出張の夕食は、どういう会話をしたものか、いささか緊張しましたが、まあ美味しいものさえ食わせればいいでしょうと、何回かの仙台出張時に見つけておいた牛タン専門店に連れて行きました。
とっても美味しく、大喜びしてくれてホッとしました。
7/18 臨床歯周病学会参加_f0154626_1921226.jpg

7/18 臨床歯周病学会参加_f0154626_19244231.jpg
7/18 臨床歯周病学会参加_f0154626_16280899.jpg


# by fuji-dent | 2015-07-18 16:41 | 学術研修

7月9日 平日休みの日

 臨床歯科の疲れも取れ、今日は仕事を離れて、散髪、美術館、それから来週末の臨床歯周病学会にスタッフと参加するので、あとの新幹線で来るスタッフの分の切符を取りに駅に行ったりました。「ゴーギャンとその仲間たち」は、なかなか面白く鑑賞。
 早く帰ってきた次男と一緒に、五時半から早めに夕食。テレビでホッケ不漁のニュースを見ているうちに、ホッケ食いたくなって近くのスーパーに買い出し。まだ明るい。いい季節です。
7月9日 平日休みの日_f0154626_18163172.jpg

# by fuji-dent | 2015-07-09 18:16 | 学術研修

2015 臨床歯科を語る会参加

久しぶりの投稿です。
7月4日〜6日、東京調布市で行われた「臨床歯科を語る会」に参加して来ました。真摯に歯科治療に取り組む全国各地の歯科医が終結し、3日間に渡って深夜遅くまで歯科の臨床を語り合う、そんな会です。僕は開業の翌年からの参加なのでもう30回近くになりますが、相変わらず岩手からの参加はほぼ僕ひとり。
2015 臨床歯科を語る会参加_f0154626_1803269.jpg

今年も多くのものを得て帰って来ました。また、3月に呼んでいただいた、熊本の先生たちとの再会も楽しいものでした。
そして、御年80才、金子先生もお元気そうでとても嬉しかったです。
# by fuji-dent | 2015-07-06 18:04 | 学術研修

初めて見た父の字

 実家の蔵を整理している義兄が、父の盛岡工専教員時代のものと思われるノートを見つけ、一部いただいてきました。
初めて見た父の字_f0154626_18210064.jpg
  大正5年生まれの父は、30才で藤村家に婿養子として入籍しました。今回見つかったノートを見てみると、結婚前の「前田良作」と、結婚後の「藤村良作」の二つの名前がありました。
初めて見た父の字_f0154626_18585347.jpg
初めて見た父の字_f0154626_18590065.jpg
初めて見た父の字_f0154626_19003896.jpg
初めて見た父の字_f0154626_19004737.jpg
初めて見た父の字_f0154626_19005288.jpg
 父はこの頃20代後半と思われますが、整然と並んだ実に細かできれいな字、味のある図がかかれており、レオナルド・ダ・ビンチのノートを思い出したと言えば言い過ぎでしょうが、作図が上手だったことが窺われます。父は私が5才の時に45才で結核で亡くなりましたが、その前から入退院を繰り返していたので家におらず、全くと言っていいほど父の記憶がありません。眺めているうちに父の性格を知り得たようで、胸が詰まってきました。亡くなったあと、父が興した農機具商の従業員の人たちが、お葬式にどの写真を使おうか?と話していたことは覚えています。そしてこれがお葬式に使われた写真で、父が抱いているのが私、後方に立っているのが8つ違いの姉です。父が微笑んでいる写真はこの一葉しか見たことが無く、そしてこれは私が父と一緒に映っている唯一の写真でもあります。
初めて見た父の字_f0154626_18165442.jpg
 父がいったいどういう人だったのか、あまり周りに聞く機会も無く現在に至ってしまいました。色んな人からは工専機械科(大学)で教鞭をとっていたので「話が上手な人だった」とか、「手先が器用でタライを利用した電気洗濯機を作った人だった」とかの逸話を聞いたことがあります。新潟県北蒲原郡出身の父は三男で、中学の頃は旭川に住んでいました。その後臨時教員などをして学資を貯め、盛岡工専に入学した頃は、同級生より10歳も年上だったそうです。父がどういう思いでこのノートをしたためたのか、胸が詰まります。もう少し父のことを知りたいと思いました。幸い、高校、大学とも残っていますので来週になったら、調べ始めてみようと思いました。(軍隊の件、一部誤り分かり記事改変しました)
# by fuji-dent | 2015-05-15 19:12 | 生まれたところ

熊本県歯科医師会館で講演をしてきました

 もうだいぶ前の話になってしまいましたが、熊本県のスタディグループの先生たちからお招きをいただき、3月20日に熊本県歯科医師会館で2時間余りお話をさせていただきました。お呼び下さったのはKDM(Kumamoto Dentist Meeting)という著名な臨床家揃いのグループで、林康博先生、東克章先生、永田省蔵先生、栃原秀紀先生、松田光正先生、河野生司先生、坂口倫章先生・・・(洩れた方ゴメンナサイ)などなど、枚挙にいとまがありません。ご自分のセミナーを持っておられる先生も複数いらっしゃいます。講演というより試験を受けるようなもので、実力不足と最初はお断りしようかと思った依頼でして、大変緊張いたしました。東京からも、旧知の岡伸二先生も駆けつけて下さって、身に余る光栄なひとときを過ごしました。
熊本県歯科医師会館で講演をしてきました_f0154626_12471312.jpg
熊本県歯科医師会館で講演をしてきました_f0154626_13002176.jpg
田舎に引っ込んでから10年以上が経ちます。他所での講演も2007年の「スマイル倶楽部・インプラントサミット」以来でまず、勘を取り戻すことから始めました。また今回の発表のメインは「すれ違い咬合の補綴30年の経過」というタイトルですが、30年間に記録はアナログからデジタルへ、その上カメラも7台ほど替わりましたから、この講演のために、EpsonのFlatbed scannerを購入し、記録はしっかりと見直しました。普段講演などやっていないもので、膨大な時間がかかり内心、(大変だ・・・)と思っていたのも事実ですが、あとで振り返ってみますと、歯界展望の原稿も含めたこの間の気持ちの充実感は久しぶりのもので、「発表、講演は結局、自分の勉強になるのだ」という先輩の言葉を再確認した次第です。
熊本県歯科医師会館で講演をしてきました_f0154626_16330273.jpg
やれることはやったと思う反面、終わった瞬間から、ああすれば良かった、こうすれば・・・と沸々と反省点が湧き出てきました。当日は終わったという高揚感と、懇親会のお酒のおかげでそれほどでもなかったのですが、時間が経つにつれ心残りが・・・ お招きいただいたKDMの皆様には分不相応なご歓待をいただき、感謝いたします。近郊から駆けつけてくれた熊本県開業の同級生加藤泰三君、また、東京から来ていただいた岡先生には、長年のご厚情、痛み入ります。翌日、セミナーや懇親会に飛び入り参加させていただいた東克章先生、ありがとうございました。そして何よりいつも私のことを気にかけ、励まして下さる学兄、林康博先生には申し上げるお礼の言葉も見つかりません。 
熊本県歯科医師会館で講演をしてきました_f0154626_13320369.jpg
熊本県歯科医師会館で講演をしてきました_f0154626_13322915.jpg
熊本県歯科医師会館で講演をしてきました_f0154626_13530210.jpg
(I先生無断使用なので気を使いました)逆にこちらの方が勉強させていただきました。お会いした全ての方々に感謝して、原稿、講演会準備のため後回しにした仕事に一段落が着いた今、遅くなった講演会報告といたします。
# by fuji-dent | 2015-05-15 16:19 | 学術研修

980円腕時計の108円電池交換

 amazonで2年半前に980円で買ったCASIOの腕時計。電池切れらしく動かなくなった。
軽く、安く、何の不満も無く使ってきたので、電池交換を考えたがCASIOの店は近くになく、送らなくてはならない上、費用も購入するぐらいかかるらしい。
裏蓋開閉の機構も見当たらず、もともと使い捨てのコンセプトなのかもしれなかった。今日の価格は958円で送料無料。
しかし捨てるのも何とももったいなく、こじ開けて交換したというネット情報を参考に、普通の人がやれることは歯医者なら絶対出来るだろう、と自分で交換してみることにした。
980円腕時計の108円電池交換_f0154626_14001044.jpg
電池はメーカー品の方が持つらしいので、郊外のホームセンターまで行ったが、pana製は600円オーバー。これでは自分で交換するメリットもあまり無いので中止。オークションでは郵便送料込みで127円。迷ったが近所のダ○ソー製に変更。ガソリン代は別として、一応108円で作業完了。2年以内に止まったら、今度はメーカー品にしよう。でも裏蓋開ける時にドライバーでこじるので、多少は変形するはず。何度も交換するものでもなさそうだ。
980円腕時計の108円電池交換_f0154626_14014955.jpg

 旅行時に友達連中から誕生日プレゼントで貰ったという、高価そうな腕時計を紛失しかけた大学生の息子よ、この父の苦労がわかるかな?

# by fuji-dent | 2015-04-27 14:02 | その他

臨時休診のお知らせ

 3月18日(水)午後より3月20日(金)まで、院長熊本県歯科医師会館で講演のため、臨時休診とさせていただきます。初めての熊本で緊張しています。患者さんには休診期間中、対応出来ません。ご迷惑をおかけしますが、頑張ってきますので、よろしくお願いいたします。
臨時休診のお知らせ_f0154626_21435043.jpg

# by fuji-dent | 2015-02-06 21:44 | 学術研修

歯科専門雑誌に私の論文が掲載されました

 歯科専門雑誌に私の論文が掲載されました_f0154626_164492.jpg歯科医師専門雑誌のメジャーの「歯界展望」2月号、「天然歯を守る」シリーズに私の論文が掲載されました。抜歯が必至と思われた前歯を14年半保存し、しかも初診の時よりも逆に状況は良くなっている症例です。(なお当院が使用する写真は全て、患者さんに、論文や講演などで、お口の中の写真を使わせていただくことをお願いし、快諾をいただいております。)
 この「天然歯を守る」シリーズは、インプラントに頼り過ぎ、歯の保存への努力がされなくなっている歯科界の現状に一石を投じようと、一生懸命に歯周病治療に取り組んでいる、歯周病の名手のリレー企画と聞いております。私は卒業後歯周病学の講座に在籍したこともありませんし、歯周病学会にも入会していない、フツーの歯科医師でありますが、その一員に加えていただいたことはありがたいことです。
 とは申しましても、この症例は特に力んで取り組んだわけでもなく、普通に毎日拝見している症例の中の一つに過ぎません。たまたま思い出してこのブログにアップしたところから発展して掲載に至ったものであります。この患者さんは現在首都圏にお住まいですが、出張を利用し定期健診に来て下さるようになりました。初診から14年半になりますが、お口の中はむしろ14年前より今の方が健康で、暦に逆行している状態です。歯科医師としてこんなに嬉しいことはありません。
歯科専門雑誌に私の論文が掲載されました_f0154626_165931.jpg

歯科専門雑誌に私の論文が掲載されました_f0154626_1713145.jpg

# by fuji-dent | 2015-02-06 19:51 | 執筆論文

お正月太り

 実は私一昨年の六月から糖質ダイエットなるものをしておりました。炭水化物の摂取さえ気をつければお酒はOKという、私にぴったりの方法で、ネットで友人たちが成功しているのを知るにつけ、やってみようと思いました。
 始めてみたらけっこう体重が減っていきます。10kg減を達成したあと、○○kg減なんていう目標だと、元々の体重によって価値が違ってくるので、体重の1/4減らしました、って言った方が面白い、と24kg減(結局言っちゃっていますが)を目指しました。携帯の体重記録アプリをみるとおよそ1年で達成。97kgから73kg台になりました。

 患者さんには時々「あれっ先生・・・」と言われたりしましたが、それほど数は多くありませんでした。一度、ある患者さんの治療を終えたあと受付が来まして、「先生●○さんがお話があるって言っています」。
 (アララどんなお話かな?)と思ってあわてて受付に行くと

「先生! どうやって痩せたの?」
 
 年末の忘年会で受付が言っていましたが、僕が病気でもしたのではないかと患者さんから聞かれたこともあったそうですが、いたって健康です。

 体重が71kgを切った頃、顔の大きさはあまり変わらず、首より下ばかりが貧相になってしまい、この体重の僕を見たことが無い家人より「もうオカシイ、止めたら?」と非難の声。なんたって20才くらいの時の体重です。とりあえず、73kg以下は死守。ということで手を打ち、それからは程々にやっています。休みの日など家族と一緒にいると、昔の食生活ですからすぐ戻りますがそのラインは守って来ました。

 しか〜し、11月下旬、友人の歯科医師、食い道楽のH先生が奥様と一緒にご来盛するというので、せっかく来て下さるのだからと、おいしい店を開拓に行く毎日。接待続きの甘味な4日間、昼のラーメン、締めの盛岡担々麺、糖質の王者わんこそばも経れば体重は確実に増えて行きました。
そして12月。年末の恒例の飲み会、正月の餅三昧を経て、気づけば・・・ギャッ!
お正月太り_f0154626_17484290.jpg

# by fuji-dent | 2015-01-10 17:52 | その他

ベテラン衛生士の退職

 明けましておめでとうございます。
 昨年末で、二度の産休を含み足掛け13年勤務してくれたM衛生士が退職いたしました。今後はしばらく子育てや家事に集中したいということで、残念ですがお別れです。ご親戚やご家族など、定期健診は続けたいというご希望ですので、お子さんたちにもちょくちょく会えるでしょう。
ベテラン衛生士の退職_f0154626_16261122.jpg

 当院はおかげさまで、スタッフが長く居てくれます。とはいえお年頃の彼女達ですので、どこかの男性にいつかはさらわれていくのでしょう(涙)。
 4月からは新人衛生士が参ります。ホームページを見て、定期健診を大事にしていると感じたので見学に来ました、と言ってくれて、なかなか有望な新人ですので楽しみであります。
 それまで人員不足により、ご家族でご来院の定期健診の皆様には、迷惑をおかけすることになるかと思いますが、院長もブラッシング指導をしてなるべく時間的なご負担をかけないようにいたします。衛生士よりチョットだけ?厳しくなるかもしれませんが(笑)、よろしくご協力下さい。
# by fuji-dent | 2015-01-10 16:42 | 歯科医院のこと

自作ホームページ

 久しぶりの更新です。
診察券の在庫が無くなってしまい、リニューアルすることにしました。新しいものが出来るまで1ヶ月ほどかかるというので、診察券にアドレスを載せ、この1ヶ月で作ってみようとWixというシステムを利用してみました。なかなか思うように行かず、しばらく放っておいたのですが、診察券がそろそろ来るので、出来た部分まで公開いたします。
 
 おかしなところがあれば修正しますのでお知らせ下さい。
 
ふじむら歯科医院」Webサイト 
自作ホームページ_f0154626_1351039.jpg

# by fuji-dent | 2014-11-14 13:05 | 歯科医院のこと

盛岡・北上川ゴムボート川下り大会初参加

盛岡・北上川ゴムボート川下り大会初参加_f0154626_13104796.jpg
盛岡市を川から見てみたいという思いで参加した川下り。二人での参加なので、いつか親子でという希望でしたが、長男には振られやっと心優しい次男が「ウン」と言ってくれて初参加となりました。レース中に写真を撮りたくても漕ぐ手を休めればすぐボートは回転。のんびりしていれば変な方向に寄ってしまうし、なかなか難しいものでした。 
盛岡・北上川ゴムボート川下り大会初参加_f0154626_13111692.jpg

 次男も頑張って漕いではいるのですが、私の方が漕ぐ効率がいいと見えてすぐボートは次男の方向へ回転してしまいます。だいぶ無駄が多い時間でした。「もっと漕げ漕げ」と親に言われ、泣きそうになっていた次男も、ゴール地点の開運橋した後はすっかり気を良くして「楽しい」の連発。写真や動画も撮りました。不来方橋の上から、今回お世話になったTacoクルーとともに。
盛岡・北上川ゴムボート川下り大会初参加_f0154626_13244186.jpg

最後明治橋のフォールを下った後、ボクがボート外に投げ出され、200mはボートに掴まって下りました。
終了後の川原でのBBQ。とても楽しくって飲み過ぎ、疲れもあって翌日まで11時間爆睡でした。総合202位、親子の部15位でした。
次男は来年もやりたいっていうのかしら?
でもこちらも還暦ですが・・・。盛岡・北上川ゴムボート川下り大会初参加_f0154626_13314775.jpg盛岡・北上川ゴムボート川下り大会初参加_f0154626_13313047.jpg
# by fuji-dent | 2014-07-27 09:00 | スポーツ

メルケル首相とシュバインシュタイガー

 好試合続出だった2014FIFAワールドカップが今朝、ドイツの優勝で幕を閉じました。
延長のため出勤時間と重なって、表彰式はビデオでのお楽しみとなりましたが、何と言っても表彰台でのメルケル首相とシュバインシュタイガーのツーショットが楽しみです。(写真はロイター)
メルケル首相とシュバインシュタイガー_f0154626_14395055.jpg
この二人が表彰台でまみえたのは記憶が正しければ、2006ドイツW杯3位の表彰台。その後2008Euroでは前の試合で退場となり出場停止のシュバインシュタイガーを貴賓席の隣に座らせお説教したり、その後準優勝メダル授与、2010南アW杯での3位メダル、UEFAチャンピオンズリーグ、バイエルンミュンヘンの優勝メダル、そして今回の優勝メダルとなります。
 昔のいくつかの画像を拾って組んでみました。
メルケル首相とシュバインシュタイガー_f0154626_14442531.jpg

 シュバインシュタイガー選手。2006年日本代表とのW杯直前の練習マッチでガンバの加地選手にタックルのやり返しをして怪我をさせたやんちゃ坊主も30歳になりました。思えば一国の(サッカー好き)首相との、何という幸せな時間だったのかと思うばかりです。
# by fuji-dent | 2014-07-14 14:48 | スポーツ

2014 臨床歯科を語る会

 
2014  臨床歯科を語る会_f0154626_12381237.jpg
 (写真は長野の布山先生提供) 先週末は上記研修会に参加してきました。前にもご紹介したことがあるかと思いますが、北海道から九州まで、全国の歯科治療には一家言をお持ちの歯科医が一堂に会し、自分たちの臨床報告をしながらあすの臨床のヒントを探そう、という会であります。今巷を席巻する「インプラント相談会 あなたの歯が午後には完成 ただしウン百万円」なる怪しげなセリフを吐く方々とは正反対の集団であります。ベテランの参加者になりますと、全国各地からの講演依頼や執筆依頼が絶えないのですが、そんな人達でも明日の臨床を模索しに、年に一度のこの会を楽しみに集まってくるのです。

 今回の分科会の中でも「重度歯周病罹患歯の保存に努める」というプログラムがあります。ボクはこれに参加しましたが、卒後7、8年の大学歯周病科に在籍するという、うら若い女性歯科医師の素晴らしい症例発表もあり、「今時の若い者は・・・」などとは決して言っては行けないことを再認識。彼女は素晴らしい歯科医師になることでしょう。

 今回はデジカメを部屋に忘れ、スマホの純正アプリだとシャッター音がするので別のアプリを使ったらピンボケ連発。あまり写真がありません。でも沢山撮ってくれた友人に送付をお願いしてあるので、あとで追々追加します。
 
# by fuji-dent | 2014-07-08 12:45 | 学術研修

30年熟成「Pentax口腔内撮影用ミラー」

30年熟成「Pentax口腔内撮影用ミラー」_f0154626_15511335.jpg 当院では、全体的なチェックを希望された患者さんのお口の中をカメラで撮影させていただいております。お口の奥を撮影する時には鏡を使うのですが、きれいに撮るためには反射率の高いミラーが必要で、15,000から20,000円クラスのものを使用しています。本日数枚のミラーに引っ掻き傷がついていることに気づきました。撮影、使用後消毒、滅菌作業をする時に細かい傷が付いていくようです。
 せっかく撮影させていただいているのですから、少しでもいい状態で撮影し、患者さんの利益に繋がるよう、新しく購入することにしました。
 購入に際し引き出しを在庫点検していたところ、30年ほど前に製作された、国産過去最高にして唯一の、反射率94%、幻の「Pentax口腔内撮影用ミラー」が箱のまま未使用で出てきました。もうこの状態で持っている歯科医師は日本には居ないのでは?
 製造中止になって久しいので、いずれプレミア品と自慢しよう、と思っていたところも無きにしも非ずですが、使ってこその品。本日シールをはがしました。
 
# by fuji-dent | 2014-07-02 15:59 | 歯科医院のこと

2ヶ月に一度歯が痛くなる?

 今日の昼、食事中国会中継を見ていました。

歯科医師である西村議員(民主党)が総理に
「総理は歯科の定期健診にこの1年行ったことがおありでしょうか?」
と質問すると

2ヶ月に一度歯が痛くなる?_f0154626_13371459.jpg


「健診は行っていないが、2ヶ月に1回は歯が痛くなったりで歯医者には行っている」

とのお答え。(?!)
(2ヶ月に1回のトラブルじゃあ大変だろうに・・・)
と思っていたら次の質問には

「訪欧中に歯にかぶせた物が取れて急遽ロシアで歯医者に行ったら、フランス人の歯医者だった。
帰国後請求書が来たらかなりの高額だった」

というお話。

 何とも日本人の口腔内レベルを外人に誤解されないか、と心配になる話題ですな。
# by fuji-dent | 2014-06-09 13:39 | その他

読売「ハンドピースなど、滅菌しない歯科医院が7割」ホント?

 我が家で読売新聞は購読していませんが、Yahooの記事で5/18の付けの記事に

「歯削る機器、滅菌せず再使用7割・・・院内感染懸念」

 という記事が載ったそうです。歯科医療に携わる者として、にわかには信じがたく、設問のトリックでもあったのではないかと考えています。

 当院のシステムは、カテゴリー中の「消毒システム」でご紹介したのですが、もちろん上記記事のハンドピース類の全ての滅菌は15年以上前から行っており、最近はさらにタンパク除去薬剤の利用など常に進化させております。

 基本的に患者さんのお口に入れるものは、完璧に清潔でなくては嫌なわけですから、歯科医はいつでも使用する機材は、そういう状態にしておくわけです。何か「引っ掛け問題」のような設問だったのではないかと疑ってしまいます。

 ですが社会の中で、お口の中に入る全てのものを完璧な無菌状態に出来るわけはありません。食堂で出されるコップやスプーン、フォークなどは滅菌状態ではなく、洗浄の状態であることをご理解下さい。
 
 最後に一つ。当院は消毒が不明な状態の紙コップよりは、オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)で完全に滅菌された状態の金属コップの方が清潔と考えています。ですから、コンビニのコーヒーを購入した時渡される、紙コップの方が不安です。大きな病院の待合室などにあるサービスのお茶類供給機も、待合室にはどんなウィルスが浮遊しているかもしれず、利用することはありません。
# by fuji-dent | 2014-05-24 12:26 | 消毒システム

さくら満開

 4月半ばから、冬期間休んでいた川筋ウォークを再開しています。今朝は天気も良く、満開の桜の下、暑いくらいの通勤タイムでした。
さくら満開_f0154626_15391946.jpg

 今朝のNHKで、フランスのある都市が、ラジコンヘリコプターに依る俯瞰撮影をYoutube投稿し話題になったというニュースを伝え、いつも過ごしている街を俯瞰できたらいいだろうな、と思いました。
 通勤路の川沿いの道終盤、テレビ岩手脇のシダレザクラの前で、テレビ局関係者と見られる若者が二人遊歩道に立ち、歩行者を気にしていました。何だろうと思ったらこれ。まさに撮影ができるカメラ搭載のラジコンヘリコプターです。
さくら満開_f0154626_1540622.jpg

シダレザクラを上から撮るんだとか。
さくら満開_f0154626_15423784.jpg

 朝考えたことがまたまた現実に起こりました。
どうもボクは昔から、思ったことが本当に起こる、ということが多いような気がします。2週間前、昔の患者さんのカルテや診療記録写真を整理していたとき、2〜3人の方の名前が強くインプットされました。ああこういう方も来ていたんだなと思ったのですが、2日後23年ぶりに来院されました。現実にはならなかったことはきれいさっぱり忘れ、なったことだけ覚えているだけなのかもしれません。
 でも、Positive thinking ! 自分にそういう能力があると信じ、これからは、いいことだけ考えるようにして行きます(笑)。
# by fuji-dent | 2014-04-24 15:56 | その他

31年目

 1984年の4月12日に、当院は開業いたしました。天気晴朗なれど風が強い日です。
 丸30年を経過し、本日から31年目。ややすっきりした体でスタッフ共々絶好調。
 今後ともよろしくお願いいたします。
31年目_f0154626_15372142.jpg

# by fuji-dent | 2014-04-12 15:38 | 歯科医院のこと

日々の臨床

 3月9日仙台、3月16日東京と2週続けてお勉強でした。
日々の臨床_f0154626_1730171.jpg

 アインシュタインの言葉にこういうものがあります。
   「学べば学ぶほど、自分がどれだけ無知であるかを思い知らされる。
    自分の無知に気づけば気づくほど、よりいっそう学びたくなる。」
 そしてまた
   「何かを学ぶためには、自分で体験する以上にいい方法はない。」
というのもあります。

 毎日の臨床では、「やった!」と叫びたくなるほどいい結果が出る場合もありますし、自分の実力不足で歯科雑誌の巻頭を飾るような具合には行かないものもあります。後者の場合にはかなり落ち込みますが(自分が未熟なもので)と、正直に申し上げていると患者さんに逆に励まされたりもします。

 34年目に入った自分の歯科医師人生を振り返ってみますと、いつも喫緊の問題に苦しみ、それを解決した時に喜ぶ、そんな日々だったような気がします。苦しい時に励ましてくれるのは勉強を通して得た仲間ですし、うまく行った時に評価してくれるのもそういった仲間です。自分の歯科医師人生の最大の幸運はそういう仲間に出会えた事かもしれません。
# by fuji-dent | 2014-03-18 17:31 | 経過観察

永遠の0

正月休みのためなかなか木曜休みが取れず、昨日やっと「永遠のゼロ」を見る事ができました。「読んでから観るか観てから読むか」、昔の角川映画のキャッチフレーズですが、ボクは読んでから観るとガッカリすることが多かったので「観てから読む」派です。
永遠の0_f0154626_12463945.jpg

 「永遠の0」は本屋大賞を取ったので先に読んでいました。ボクの小学生の時には週刊少年マガジンやサンデーに時々太平洋戦争の事が特集されていました。レイテ沖海戦、ミッドウェー海戦、ガタルカナル島、アッツ島、また当時の軍艦などの構造も小松崎画伯の挿絵で何度も見ました。また「丸」などの雑誌も時々本屋で立ち読みしていましたからどちらかというと先の大戦の軍備、特に戦闘機部門については詳しい方だったはずですが、書籍「永遠の0」で出てきた著名な戦闘機乗り達のお名前はほとんど存じ上げませんでした。なぜ今までこのような内容を知る事ができなかったのか不思議でなりませんが、いずれそのお名前はほとんどwikiで検索可能で、大変興味深く拝見いたしました。ともあれ、あの厚みのある本を読破するのは時間がかかりましたから、あの内容を映画でどう纏めるかということも興味がありました。
 結果(ネタバレ注意)、たいへん満足いたしました。CGと思われる空撮も迫力十分。これは書籍にはできない芸当です。グラマンF6F、P38ライトニング、確かムスタングも出てきましたね。書籍であった姉の彼氏は割愛されていて話が単純化し、かえって主人公に視線が集中したように思います。その他取材で出てきた航空隊の面々の逸話などは、いつかまた日が当たる時期を待ちましょう。胸を打たれました。まず買わないパンフレットも迷わず購入しました。
永遠の0_f0154626_1314416.jpg

 子どもの頃ボクはプラモデルを多く作り、ほとんどは大戦時の戦闘機でした。アメリカの戦闘機もF6Fグラマン、コルセア、P38ライトニング、P51ムスタング、また、爆撃機もB25ミッチェルなどたくさん作りました。それら戦闘機は田宮模型(今のタミヤ)、マルサン、フジミなどから多く売り出されていてかっこいいと選んで作りましたが、この映画を見て、少なくともアメリカのは作らなければ良かったなあ・・・と思いました。
# by fuji-dent | 2014-01-24 13:04 | 趣味

2014年のはじまり

 新年あけましておめでとうございます。
雪が少ないお正月だと喜んでいましたが、元旦に降り始めました。
 
2014年のはじまり_f0154626_18304767.jpg
明けて翌日、気になって駅伝も見ずに雪かきに。結局今年の初仕事も例年通りでした。元旦夜半に除雪車が通ったので、寄せられた雪で診療室に車を横付けできません。ある意味迷惑なことなのです。
2014年のはじまり_f0154626_1831234.jpg
目の保護にサングラスをして、自分の車を駐車スペースに入れるまでに30分。ワカサギ釣り用のビッグスレーが今年も活躍しました。
2014年のはじまり_f0154626_18311436.jpg

 力仕事をしますと腕がおかしくなり、特に歯科治療のような繊細な仕事は1時間半は出来ません。ですから大雪が降った日は家を6:45に出て、朝7時ぐらいから雪かきをしています。診療時間に降った分はスタッフが両脇に寄せておき、仕事が終わってからその雪をボクがそりに積んで集積場に持って行きます。スキー場はともかく、街中には雪が降らない方がありがたいのです。
 
 今年も、健康に留意して、皆様のお役に立てるよう、スタッフ一同頑張ります。
 よろしくお願いいたします。
タグ:
# by fuji-dent | 2014-01-07 18:35 | 歯科医院のこと

あまちゃん 北三陸観光協会ビル解体のニュース

 あまちゃんの舞台にもなった、久慈駅前のビルが解体されることになったという Yahooのニュースです。
あまちゃん 北三陸観光協会ビル解体のニュース_f0154626_1421996.jpg

あまちゃん舞台のビル解体へ

 以前にも書きましたが、このビルは今月78歳になる義父が、約50年前に設計したビルでした。
やはり寂しい気がします。が、「あまちゃん」が無ければそんなこと知ることも無かったし、解体というニュースは全国版でした。ある設計士によると、「解体までが設計」なのだそうです。「あまちゃん」が無ければ注目もされずに壊されていたビル。「惜しまれて解体」といういい形で終われて、義父はむしろ喜んでいるのかもしれません。
 今度聞いてみます。
# by fuji-dent | 2013-12-04 14:02 | その他

12月2日 キ・ツ・イ!

 体重を減らすために、運動が必要とは分かっているのですが、ただ走ったり、ジムでの筋トレなどは、どうもボクには魅力的には思えず、通勤時の遠回りぐらいが関の山。そのためかこの2ヶ月近くさっぱり体重が変わりません。
 それでも球技、特に昔やっていたサッカーや3ヶ月ほどやってみたテニスでボールを追っかけるのは、夢中なだけに結構できることを思い出し、ネットで見つけた大人のサッカー教室なるものに参加してみることにしました。主催はグルージャ盛岡、昨日今度発足のJ3最後の加盟チームに選んでいただいたサッカーチームです(別項で紹介)。
 午後7時半からの教室。
「サッカーに興味を持ちつつも今まで実際にプレーするチャンスがなかった人、お子さんがサッカーを始めたのをきっかけにサッカーに夢中になった人、多くの人と楽しくサッカーしたい人」
と参加募集のタグに書いてありました。
 けがが怖いので入念なストレッチ。足のストレッチすら何年ぶりだろうか?参加者を見ると確かにやったことはなさそうな人もいましたが、年は群を抜いて最年長。 
12月2日 キ・ツ・イ!_f0154626_9454317.jpg

グループでのリフティングのときは相当きつかったが何とか完走。数日間は下半身が壊れていました。

 それでも昔を思い出し、相当な充実感がありました。また体がなまる前にやりたい。で、次の教室の予定日が所用と重なったので、もう少し楽な教室はないかと探してみると、
 「月曜日は初級・中級個サルになりますので、ボールの蹴り方からドリブルの方法、パスやトラップや試合中の動き方等々、基礎からスタッフが丁寧に教えながら楽しくフットサルをします。初心者の方や、女性の方、初めてボールを蹴る方もお待ちしております。」
 と書いてある魅力的な教室がありました。
これなら前より楽なのではないか? 終了時間は22時と遅いがシャワー室もある。
ということで、矢巾町のフットサル場、午後8時からのコースに参加してみました。

 ガーン!
12月2日 キ・ツ・イ!_f0154626_10225121.jpg
先日参加した大人のサッカー教室よりさらに年齢が若い。参加者の2/3が20歳代、他が30代前半と見えました。
・・・・・まあ、それでもボール扱いが下手なのかもしれないしな・・・と、敵前逃亡したい気持ちをやっと抑え参加しましたが、そのささやかな願いは無惨にも打ち砕かれることになるのです。
 やったことも無いウォーミングアップ。59歳目前の老兵は戸惑うばかり。その後の2人一組でのパス練習。若者とやったらどうなるかワカラン。何とか女性を一人捕まえました。
 トラップの仕方も限定、右に左に。インサイドキック、アウトサイドキック、さらにフットサル特有のトウキックでのパス。大学に入ってからボールを蹴る者もいた、私の現役当時の歯科大学サッカー部の練習より高度だ。太ももが肉離れ寸前でした。
 最後に3チームに分かれてのゲーム。みんなうまい!およそ10年前、スポ小の子どもとのミニゲームがちょうど技量的には良かった。それから全く運動もしなかったロートルがチームの役に立つはずも無く、女性よりはマシという程度。迷惑のかけっぱなしでしたが22時までのスケジュールを無事消化。
はっきり言って、「初めてボールを蹴る」人は単独参加は無理です。誰かペアを組む人を確保して
参加した方がいい。


 その後記念撮影。その日のフットサル教室「フッ★レ盛岡」のスタッフブログ
「初めて参加した人」とはボクのこと。実年齢を言ったが、どうも信じてもらえない(プレーが、というのではなく、若く見られるため)。集合写真後列左端がボクです。(顔を見せたかったが「全員コーンをかぶってみよう」と誰かが言ったので・・・)
 帰りしな、特に巧いボール扱いをしていた若者に年齢を聞きました。
「二十歳です」
・・・・・・・・・
 サッカーは走る距離は長いが、あれで意外と休める。特にOBとして試合に参加する分には、「強かった頃の大先輩」なのでサボりも許されますし楽しいポジションが用意されています。しかしフットサルは人数が少ない分だけ休憩することが許されませんし、見ず知らずの人たちとのプレーはなおさらです。
 フットサルはボクのような年齢の者が、運動不足解消に選ぶスポーツではなく、細かな素早い動きが要求される大変なスポーツでした。まして若者とのプレーなど・・・。
 まあ、体重は翌朝確かに減っていましたが・・・。
# by fuji-dent | 2013-12-03 10:49 | スポーツ

純正キーボード

 スペースの関係で新規導入のMacはminiと決めています。miniにはキーボードがついてきません。オークションで購入した2台と新品購入の1台分は、前の機種に付いていたキーボードを使っていました。これもまたスペースの関係で、昨年モニタとともに壁掛けにしてみた1台を操作するのに、ワイヤレスキーボードが必要になり、Mac用では無かったのでWindows用を購入し使っていました。一旦ワイヤレスを使うとその快適さに元に戻れなくなります。院長室のメインのキーボードもワイヤレスにすることにしました。
 機種選択にあたり、Windows用は値段も安く、評判の良いロジクールのK270などは千円台で買えるのに、Mac純正Bluetoothキーボードは7000円前後。Appleストアのレビューも満点ではないこともあって、何とか他メーカーの安いもので代用できないかと考えに考え、最初に買ったのがこれ。
純正キーボード_f0154626_1951334.jpg
Bluetoothの何と2千円を切る見た目までそっくりな商品でパンタグラフ型。Amazonのレビューも悪くない。小振りな筐体はごちゃごちゃした我が机上スペースに最適と最初にこれを購入、しばらく使っていましたが、いきなり入力すると最初のキーの認識が悪い。ブラインドタッチなど出来ず指数本での入力ですが、しばらく打ってからふと文章を見ると最初の子音などが抜けています。「最初がこういう風になるのです」と入力した時「S」が抜け「愛書がこういう風に・・・」となってしまう。これを修正するのは大変でうち直しになります。しばらく我慢していましたが、時間の浪費と気づき、別のminiに使っていたロジクールのワイヤレスと交代。そのminiにはBluetoothが入ってないのでアダプタを購入し、バッタもんのキーボードとおさらばしました。
純正キーボード_f0154626_1952069.jpg

 次のロジクールは評判が良かったのですがなにせWindows用のキーボード。PCkeyboardhackなどのフリーソフトで「かな」と「英数」キーは修正したものの、カッコや鍵カッコ、@、_、+、"・・・など多くのキーの位置が違います。一つ一つキーの番号をMac用に修正し始めたのですが、なかなかこれも大作業。
 ここまでしてWindows用のキーボードを使う必要があるのか、おまけにK270はでかい上にメンブレン型でストロークが深く疲れる。考え直し、とうとう観念して純正品を、ついでに評判のキーボードカバーも同時購入。
純正キーボード_f0154626_1962948.jpg

 結果・・・
すごくいい! なぜ早くこうしなかったのかと少し後悔もするほどこのキーボード、カバーはいいです。ロジクールは元の鞘に納め、使わなくなったバッタもんは家でのiPad用にする予定です。新しいキーボード、かな入力はしないので今回はUSキーボードにしてみたらシンプルで美しい。あとはKeyRemap4Macbookで⌘キーをそれぞれ「英数」と「かな」に振り分けて使います。高くてもその価値があるものを買った時には不思議と満足感があるものです。
 やはり餅は餅屋か?
 さて今まで捨てきれないでいたこのAppleKeyBoardⅡ。
純正キーボード_f0154626_19155845.jpg
インターフェイスがADBなのでいまや接続出来る機器も古すぎて休眠状態。骨董品的なものですが、キーストロークといい初期の傑作とも言えるような気がして、iMateというUSB変換するアダプタをオークションで狙っていました。しかし4千円以下では何度も寸前でかっさわれ落札できず現在に至ります。しかし今回のこのキーボードの素晴らしさを知って、いよいよ整理する日も来たような気がします。
# by fuji-dent | 2013-11-22 19:28 | その他