人気ブログランキング | 話題のタグを見る


ふじむら歯科医院の日々


by fuji-dent

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
執筆論文
歯科臨床ファイル
歯科医院のこと
学術研修
消毒システム
趣味
スポーツ
生まれたところ
その他
経過観察
院内設備
未分類

タグ

その他のジャンル

12/3 東京医科歯科大学同窓会卒研

 今日は先週に引き続き東京でした。朝一の新幹線ホームはまだ暗かったけれど、発車後次第に明るくなってくる車窓の風景は、よ〜し今日も頑張るぞ!という気にさせてくれます。
12/3 東京医科歯科大学同窓会卒研_f0154626_09001983.jpg
 9時前に着いた東京は快晴で暖かでした。会場は歯学部国立最高峰の東京医科歯科大学、講師はともに同大学の卒業生、我孫子市開業の千葉先生と所沢市開業の斎田先生。昔所属していたスタディグループ火曜会や臨床歯科の関係で旧知の二人です。友達のよしみで写真を1枚。

 
12/3 東京医科歯科大学同窓会卒研_f0154626_09010305.jpg
12/3 東京医科歯科大学同窓会卒研_f0154626_08593846.jpg
12/3 東京医科歯科大学同窓会卒研_f0154626_09004034.jpg
 この歳になっても、まだしぶとく勉強に来たくなるのは何故なのか、自分でもよくわかりません。歯科医として、積み残しは無かったか、確認に来たのかもしれません。
 昔からぶれない千葉先生の臨床や、基本治療をベースに、再生療法に取り組んでいる斎田先生の症例を拝見し、自分のやって来たことは、間違い無かったんだという確信と、不足していたいくつかの点、十分得るものを得て、帰路につきました。

# by fuji-dent | 2017-12-04 09:23 | 学術研修

11/30 岩手医大公開セミナー

木曜の診療を、少し早めに終えて、岩手医大循環器センター研修室で、県内各地の拠点を結んだ公開セミナーがあり、X線上でで見られる疾患の鑑別について勉強して来ました。歯根嚢胞とばかり思っている像でも、CTにて調べると別の像が見えて来るということが分かり、ますます大学などの専門機関との連携が必要と感じて来ました。
11/30  岩手医大公開セミナー_f0154626_10034227.jpeg

# by fuji-dent | 2017-11-30 23:58

11/25・26 顎顔面矯正ステップアップセミナー

11月の最終週末は、2日間に渡って、当院が行なっている顎顔面矯正治療の上記セミナーに参加して来ました。早朝雪模様の盛岡でしたが、大宮まで来るとご覧のような快晴、冬の車窓からの楽しみ、富士山がくっきりでした。
土曜14時から20時、日曜は9時から17時までビッシリと実習中心の時間を過ごしました。今回の講師は黒江先生ではなく、数名の若手インストラクターで、私が受講したBasicから一歩進んだ細かいところの解説が聞けて、大変参考になる点が多々あり、すぐに臨床に活かそうと思いました。
終了後、新幹線の時間まで、一杯やって疲れを癒して帰りました。また来週も東京です。
11/25・26  顎顔面矯正ステップアップセミナー_f0154626_09541487.jpeg
11/25・26  顎顔面矯正ステップアップセミナー_f0154626_09544790.jpeg
11/25・26  顎顔面矯正ステップアップセミナー_f0154626_18081180.jpeg

# by fuji-dent | 2017-11-27 17:59 | 学術研修

日本歯科放射線学会 臨床画像大会

お誘いをいただきアイーナの学会へ参加してきました。CTの利用の可能性について勉強して来ました。参加者へのお土産に大量の「福田パン」。皆驚愕、人気の「あんバター」一個1000kcal弱でもつい手が出ました。

日本歯科放射線学会  臨床画像大会_f0154626_10131128.jpeg

# by fuji-dent | 2017-11-12 23:06 | 学術研修

第37回臨床歯科を語る会参加

  7月7日(金)から9日(日)まで府中市、クロスウェーブ府中にて行われた「第37回 臨床歯科を語る会」に参加して来ました。北は北海道から南は熊本まで、200人ばかりの歯科開業医が二泊三日間寝食を共にしながら、歯科臨床を語り合う、という会で僕はおそらく32回目の参加と思います。
 歯科雑誌執筆者や有名セミナー講師がごろごろ、高いレベルの症例報告に驚かされます。歯科治療は個人の診断に基づいて行われていますから、いろいろな治療方法があるわけですが、通常は抜歯と思われるような歯でも、「あらゆる手段を使ってとことん大切にする」という共通姿勢が貫かれており、現在巷で氾濫する「安易に抜歯をしインプラントを勧める」という歯科医は一人も居りません。
 とは言っても、そういう姿勢に欠ける輩が多いのか、あいにく地元岩手県からの参加者はまた今年も僕一人。地元で話が合わないはずです。

第37回臨床歯科を語る会参加_f0154626_19140706.jpg
第37回臨床歯科を語る会参加_f0154626_19125492.jpg
第37回臨床歯科を語る会参加_f0154626_19121980.jpg

今回は分科会「欠損歯列に置けるDeep Over Bite」の演者に選んでいただき、当院の足掛け29年症例を発表してまいりました。
発表すると分かるのですが、準備は辛いのですがたいへん勉強になります。
 開業33年目、経過の長い症例が続々。
「やったときばかり喜ぶのでは無く、如何に長持ちさせるか?という方が大事」
ということを分かっている歯科医師には評価される機会もあるかもしれません。
 今夏は「お勉強」の機会が多く7/29(土)、8/5(土)と2週続けて土曜休みになります。患者さんにはご不便をおかけしますが、何とぞご協力をお願いいたします。

第37回臨床歯科を語る会参加_f0154626_19120645.jpg

 
  今年の4月末で医院を閉院なさった京橋の金子一芳先生。
 (私の臨床にかなりの影響を与えました。恩師と勝手に思っております)
 84才、相変わらずお元気で怖かった。
 (2年後追記 どうもこの時86才だったらしい・・・)



















# by fuji-dent | 2017-07-11 19:43 | 学術研修