人気ブログランキング |


ふじむら歯科医院の日々


by fuji-dent

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
執筆論文
歯科臨床ファイル
歯科医院のこと
学術研修
消毒システム
趣味
スポーツ
生まれたところ
その他
経過観察
未分類

タグ

その他のジャンル

勝てるさ!

 U-17はLIVEで見られませんでしたが、なでしこはスケジュールにも恵まれ全て見ています。

  緒戦 対NZ   6/27 月曜夜  10:00~
 第2戦 対MEX   7/1 金曜夜  9:50~
 第3戦 対ENG   7/6 水曜朝  1:00~
 決勝トーナメント  7/10 日曜朝  3:45~
 準決勝       7/14 木曜朝  3:45~
  決勝       7/18 月曜(祝)朝3:30~
何と決勝トーナメント以降は木曜休みの私にとって全て休日の早朝にあたり、心おきなく見ています。
しかも決勝は月曜ですが、日本は海の日の祝日。

 これはひょっとしたらひょっとしますよ!
# by fuji-dent | 2011-07-16 16:08 | スポーツ

友人の近況

 昨日の朝日新聞岩手版にこういう記事がありました。
友人の近況_f0154626_12423847.jpg


 何度も電話で話しているのにいつも、「大丈夫だ」と、こういう苦境を話してこなかった。
 もう少し気を回してやれなかったかと反省しきりです。
# by fuji-dent | 2011-06-27 12:44 | その他

今週土曜日は休診です

 「第31回臨床歯科を語る会」出席のため、今週土曜日は休診させていただきます。金曜の晩から2泊3日の合宿みたいなもので、開業直後からほぼ毎年欠かさず出席し、今回で25回目でしょうか。
土曜日しかいらっしゃることが出来ない方も多く申し訳ありませんが、この3日間で学んできたことは必ず皆様のお役に立てますのでご諒解下さいませ。
 今週土曜日は休診です_f0154626_12385615.jpg今週土曜日は休診です_f0154626_12384084.jpg

 今回は発表があるので準備しましたが、気分が乗りません。
 震災の影響なのか、心が重いままです。
# by fuji-dent | 2011-06-27 12:41 | 学術研修

30年

 以前の記事から2ヶ月あまり。随分と更新が滞っていました。
毎日毎日暗いニュースばかりで、さっぱり記事を書く気にならなかったためです。

 今朝の新聞の日付を見て、これではイカンと一気に投稿いたします。今日は6月12日。現在宮古市長になっている山本正徳氏と県庁にいって歯科医籍登録をしたのが30年前の昭和56年6月12日でした。つまり今日でちょうど歯医者になって30年になったわけです。
 ボクが第82319号ですから、山本君は第82320号だと思います。前にも書きましたが、開業日は二人ともその3年後の昭和59年4月12日。そしてボクが現在地に移転開業したのは平成12年6月1日。山本君が(正確にはお嬢さんですが)グリーンピアで仮診療所を立ち上げたのも本年6月1日。
 ご縁があるなあと思います。

 
30年_f0154626_13201983.jpg

 
# by fuji-dent | 2011-06-12 13:20

被災地の医療現場

 東京から被災地の一つ陸前高田に支援スタッフとして入られた看護師の方の記事があるブログで紹介されていました。
 圧倒的な迫力です。

陸前高田に入られた支援医療スタッフの記事

 是非お読み下さい。
# by fuji-dent | 2011-04-05 17:38

解説者にも配慮を

 東日本大震災復興支援チャリティーマッチ 日本代表2—1Jリーグ選抜
 小笠原選手は練習不足か不調でした。試合のレベルはともかく、全く配慮がないどこかのプロスポーツと違って、サッカー界の支援を表明することが出来、サッカーファミリーの片隅にいる人間としても嬉しく思いました。
解説者にも配慮を_f0154626_17582065.jpg


 でも、解説、 都並 (つなみ) はないでしょう・・・・
# by fuji-dent | 2011-03-30 18:00

原発難民

 福島県南相馬市で開業している大学の同級生加藤君が、原発のため避難逃亡生活中をしているという話は聞いていましたが、昨日岩手に来たという知らせが入りました。とにかく息抜きでもさせようということになって、恩師の名和先生、同級の桐田と誘い合って加藤家と夕食をともにしました。
原発難民_f0154626_17541284.jpg

 自宅も診療室も何ともないのだが、原発事故のため避難区域になり仕事が出来ないのだそうです。地震後数日の時点で無念ながらスタッフには歯科医院の解散を告げ、ご自身も家族とともに避難に至ったそうです。スクリーニングを受けたという証明書を持参していました。
原発難民_f0154626_17393798.jpg

杉原千畝の「命のビザ」ではありませんが、スクリーニング証明がないので避難所に入るのを拒否されたという新聞記事も読みました。彼らは被害者なのです。戦争中のユダヤ人の方々の話ではないのです。

 現在就職活動中だというK君と固い握手をすることぐらいしか激励にはなりませんでした。
# by fuji-dent | 2011-03-30 17:44

物流回復

 地震以来物流が停止し、患者さんの歯磨き指導に使っている歯ブラシが在庫あと1,2本のところまで追い込まれていました。被災地への歯ブラシ援助の依頼があり、60〜70本、在庫のほとんどを歯科医師会に持って行ったためです。

 火曜から一気に物資が入り始め、やっとホットいたしました。
# by fuji-dent | 2011-03-29 16:55

親友の死

 親友の一人、大槌町職員K君は地震発生後、町長と一緒に流されたという話でしたが、すばしっこかった彼のこと、一縷の望みは持っていました。
 しかし3/19、遺体で見つかったという知らせが入りました。それ以来、心にぽっかりと穴が空いてしまったようで、毎日彼のことを考えないように努めないと息苦しくなります。
 以前このブログでご紹介した写真にもK君はいます。
親友の死_f0154626_18231812.jpg


 彼と初めて会ったのは中学校の時の、付属中対大宮中のサッカーの試合でした。何度も対決していましたが良い勝負。最後の県中体連で、我々は準決勝、遠野中に延長で負け、決勝ではその遠野中を下した大宮が初優勝しました。

 盛岡第一高校の入学試験日、早く行ったボクは自転車置き場のところにいました。
 「よう!」
 「俺、大宮のサッカー部だ。サッカー部入るの?」

 クラブが終わったあと、家の方向が一緒だった我々は毎日一緒に帰りました。腹が減って肉屋のメンチカツを2,3人で買って、一口ずつ分け合って食べたことを思い出します。
それから41年。
親友の死_f0154626_18453276.jpg
ずっと友達でした。
 フランスのワールドカップにも一緒に行きました。
 我々サッカー部を中心とした仲間は、仕事はお互い違っても年に数回は必ず会っていました。この正月も学年同級会で一緒でしたし、ずっとお互い年を取ってもこういう関係は続くのだと思っていました。


 ボクは彼が亡くなったと考えないことにしています。
 2〜30年ほどの長期出張なんだと。

 だからまた会えるのです。

 

 
# by fuji-dent | 2011-03-26 18:09

自転車通勤

 診療スタッフ3名のうち2名は自動車通勤です。
ガソリン不足のこの頃でも、必死の思いで通勤してくれます。
一人は10kmの距離、自転車通勤になりました。

「大丈夫かい?」
「平気です。高校の時も自転車通学でしたから・・・」

 素晴らしいスタッフに囲まれています。有り難いことです。
# by fuji-dent | 2011-03-25 17:58

身元確認作業

 3月20日 ボランティアの希望が叶い、陸前高田の遺体安置所になっている矢作小学校に行き、身元確認作業をして参りました。当日朝、盛岡を警察の方の車で出発し、現地に着いたのが10時半過ぎ。準備をして11時頃から作業に入りました。安置所には次々にご遺体が運び込まれ、帰る頃には100体を越えていました。
 泥まみれで発見されるご遺体ですが、警察の検死チームが、探しに来られた方に分かるように、お顔の写真を撮り検死をし、水道もない環境でバケツに汲んだ水できれいに洗い、服をたたんで別の袋に詰めます。地元の警察は現地対応ということで、どこの安置所でも他県からの応援の方がこの作業をなさっているようで、この会場では千葉県から応援にみえた警察の方々でした。本当に本当に大変な作業で、頭が下がる思いでした。
 天災による無情を感じて帰ってきました。
# by fuji-dent | 2011-03-22 09:13

募金活動

 何とか挙行された沿岸部の学校の卒業式。
消防団、自衛隊も含めたアーチの中をくぐってくる卒業生、卒業生を前にした担任の先生の訓辞、校長先生の挨拶・・・・・
 毎朝ニュースを見て一泣きしてから職場に来ます。

 今日お昼ご飯を食べたあとはホットラインサカナチョウで、マンドリンの清心さんがひとりで、また大船渡高校同窓生という女性3人組、それぞれ募金活動をしていました。

 お金を入れ、
 「(募金活動をしてくれて)ありがとうね」
 「頑張ってね」

 一声かけるときに、涙声になるのは仕方ありません。
# by fuji-dent | 2011-03-19 15:24

現地入り

 参加希望が叶い明後日20日(日)に現地入りできます。身元確認作業のためですが、予定地は釜石か大槌。ともに被害の激しい地域です。こういうことで何とかお役に立ちたいと思います。
# by fuji-dent | 2011-03-18 09:00

Gas漏れ騒ぎ再び

 今朝、当番の1歳半健診に向かうときにこういう光景に出くわしました。一昨日の死傷者を生んだ爆発事故、昨日のガス異臭騒ぎ、そして今日のガス漏れらしき問題、3日連続でイヤになります。
Gas漏れ騒ぎ再び_f0154626_11355729.jpg

 
 健診は予定の42人をはるかに下回る30人弱で終了。時間が余ったので帰り道、時々昼食を取るお店もまだ11時前だというのに店頭でおにぎりを売っていました。聞けば材料が入荷しないということ。で、昼の営業は中止。向かいの店も定食っぽいのをご開帳していました。隣の鮨屋も今日は昼営業しないそうでした。どこもこういう事なのかと一度診療室に戻りましたが慌てておにぎりを2個買いました。その後その向かいの店の売り子に話を聞くと、別に普段通りやっていて、たまたま今日は早く定食を紹介しただけだと言う。

 な〜んだ。
診療室に戻りましたが腹が減ってきて、おにぎりをすぐ食べてしまいました。高校の時の早弁を思い出しました。

 早弁ならば、お昼もう一度食べなくてはなるまい。

 早々とメニューをご開帳した定食屋にこれから行ってきましょう。
# by fuji-dent | 2011-03-16 12:45

頑張ろう 岩手!!

頑張ろう 岩手!!_f0154626_11152236.jpg


     とりあえず玄関前に第1弾

     元気を出していきましょう。
# by fuji-dent | 2011-03-16 11:16

物資輸送

 普段は子どもと一緒に家を出て徒歩で出勤するのですが、子どもも自宅待機なので自転車で出勤しています。車が実に少ない。ガソリンが無いのです。外注技工所も集配を間引きしています。注文したものはいつ入ってくるか分かりません。でもこちらのことは工夫で何とかなるのです。

 避難所で足りないものが連日TVで放送されています。食料は足りてきたと。中継が入ることが出来る避難所はそうかもしれませんが、ラジオを聞いていますと連絡が付かない避難所、または気づいてもらえない避難所がまだまだあり、そういうところに居る方は徒歩で数時間連絡が付くところまで歩いて窮状を訴えラジオで放送されます。おにぎり1個を2人で分けた。毛布は7人で1枚・・・・

 それでもそこから頑張ろうとする方々の言葉を聞くたびに涙が出てきます。

 今インフルエンザが流行りそうだということが今朝の日本テレビ「ズームイン朝」で伝えられました。マスクが足りないらしいが、どうやってそこに持って行くかということが大問題。ここでもガソリン不足が原因の一つです。

 テレビでは避難所の表向きを伝えるだけで、悲惨な生の声はラジオから伝えられます。現在車で降りられない場所にある避難所がもっとも大変なようです。
# by fuji-dent | 2011-03-16 08:08

今度はガス爆発

 昨日メールのチェックをしているときに、救急車のサイレンが聞こえました。今どき地震の急患でもあるまいと思っていたらその後、近所のデパートのガス爆発だと家からの電話で知りました。
今度はガス爆発_f0154626_163823.jpg


 原因判明までなのか、この日は終日町内のガス供給が止まっていて、隣接する美容院やレストラン、寿司店は夕方にはシャッターを降ろしていました。

 今朝の新聞に一人お亡くなりになったと書いてありました。食料品不足が言われている中、朝早くからお総菜の準備などなさっていた方のようです。ご冥福をお祈りします。
# by fuji-dent | 2011-03-15 17:03

頑張ろう 岩手県

 13日の大槌町の様子(時事通信ニュースより無断拝借)
頑張ろう 岩手県_f0154626_1024138.jpg

 たいへんな災害が起こりました。後で分かりましたが、多くの方々からお電話、メールをいただきました。ご心配ありがとうございました。私のところは盛岡市内なので、停電ぐらいでほぼ無傷ですが、沿岸部の被害は甚大です。停電が直ってからテレビで津波の様子を初めて見ることが出来ましたが、声も出ません。沿岸地域から来ていただいている患者さんは被災されたはずで心を痛めています。また高校からの親友のK君は大槌町職員で、津波で流されたという情報で心が押しつぶされたような気持ちです。
 被災された方々に心よりお見舞いを申し上げます。

 ご遺体の数が膨大で識別に相当かかっているようです。岩手県歯科医師会では歯科医師を現地に連日派遣しています。私も行ける日を歯科医師会に申し出ました。お役に立ちたいと思っています。

 当院も節電に協力するつもりです。ほんの少し通路などは薄暗くなるかも知れません。

 岩手県の皆様 力を合わせて復興に立ち上がりましょう。
# by fuji-dent | 2011-03-14 10:28

ユニフォームが替わりました

 今週からユニフォームを替えました。
ユニフォームが替わりました_f0154626_1895940.jpg


  「春らしくて良いね!」

 患者さんに言っていただきました。

 優しい患者さんばかりです。

 歯科衛生士2名、歯科助手1名のスタッフと、良いチームワークで診療をしています。
# by fuji-dent | 2011-03-02 18:14 | 歯科医院のこと

いや〜ドラマ続きの今大会

 
いや〜ドラマ続きの今大会_f0154626_1652112.jpg
 日曜日未明。起きていると言い張っていた小4の次男は前夜9時にはダウンし、いつものように高2の長男と肩を組んでの国歌斉唱から観戦に入りました。
 決勝点の瞬間には大声で喜びながら抱き合い、我が子ではなくサポーター仲間の様な感じでした。
李は、よく打ちました。「止めていたら入らなかったと思う」と言いました。あれを外していたらどれぐらいメディアに叩かれたのかは想像に難くありませんが、打つ勇気が偉かった。
 4年で迎えた全国歯科学生大会の準決勝、後方からのパスをFWがスルーして、MFの位置から走り込んだボクにピッタリ合いました。止められれば入れる自信はありましたが、強いボールだったので足元に納められるか自信がなく、いっそダイレクトで打つか迷いました。結局トラップミス。GKに突っ込まれて止められ絶好機を逸しました。でも李は、止まってのボレーだったからなあ・・・。まだ負け惜しみ。

 しかし今大会は1試合を除き、全て苦戦の連続。それもドラマの様な展開が続き、こちらを興奮させっぱなし。ロスタイムに追いついた緒戦。退場者を出した直後に追いつかれた第2戦。先制され、追いついたと思ったらまたまた退場者を出し、直後にビハインド、それから逆転した準々決勝。宿敵韓国戦では終了間際に追いつかれPK戦に。そして押されながらも延長で決めた決勝。
 こんな経験、過去にありません。
# by fuji-dent | 2011-01-31 16:34 | スポーツ

これをアッパレ!と言わず何と言おう

 
これをアッパレ!と言わず何と言おう_f0154626_18264514.jpg


 しばらく更新が遅れ今年度初のアップとなりました。お詫びいたします。最初は仕事の話でもと思いましたが、どうしてもこれを外すわけにはいかず、サッカーからスタートです。

 2011アジアカップカタール大会、日本は苦戦続きでしたが何とか決勝進出です。辛口コメントばかり発してきましたが、準決勝の韓国戦の延長前半、2点目を入れた時の細貝選手のプレーには久々に感動しました。写真はその瞬間(無断引用失敬)。

 リプレイを見ますと、茶の間のサポーターの不安をよそに走り始めた本田と同時に遠くから走り込んできています。身震いしました。
「蹴る瞬間にペナルティエリアに入るように走り始めた。いつもそうしている」
 細貝選手は言いました。

 このように走り込んだ彼の前にボールがこぼれてくる確率は100に一つもないでしょう。99パーセント以上無駄走りになると分かっていても彼は全力でやって来たのです。全員が走り込むわけにはいきませんが、一般には、「点取り屋」前田、岡崎を始めFWがやるべき仕事です。王国ブラジルのFWは必ずやっています。

 アッパレ〜!

 相手FWに抜かれたあとテレテレ戻る、闘○、内×などは細貝の爪の垢でも・・・
 
# by fuji-dent | 2011-01-28 18:40 | スポーツ

山形対川崎 ナイトゲーム

山形対川崎 ナイトゲーム_f0154626_18493764.jpg

7月28日(水) スタッフの勤務時間の関係で半日休診日が必要になり、この日午後を休診として山形と、長男の好きな川崎の試合を見に行った。実は昨年の対戦は日曜のデーゲームでやはり見に来ていたが、途中出場したチョン・テ・セが、余裕で得点し川崎が1-0で勝利したゲームだった。この日選挙もあり僚友山本先生が宮古市長になった日でもあった。

この日のゲームは0-0。チョン・テ・セの穴は大きいようだ。
川崎の攻勢はボクが「卑弥呼様」と呼んでいる山形GK清水選手の活躍で封じられ、山形に勝つチャンスもあった。
# by fuji-dent | 2010-07-28 18:48 | スポーツ

残念

残念_f0154626_18424696.jpg
 準決勝で敗退しました。
残念ですが実力差はいかんともしがたかった。
3年連続準決勝は結果とすればたいしたものですが、甲子園出場までにはまだひとつ大きな壁があるようにも感じました。
# by fuji-dent | 2010-07-26 08:55 | その他

気が気ではない

 臨床歯科も、ワールドカップも終わって平穏な日々が始まるのかと思っていたら、もう一つ心をかき乱されるイベントを忘れていた。応援に行けずTV中継もないときには、H館さん主宰の白亜スポーツの速報のお世話になる。昼休みが終わる14時までは一歩的な展開のようだった。

 で、午後の最初は歯牙移植。上顎中切歯の歯根破折に、舌側転位した側切歯を移植という症例。側切歯は彎曲しているので、抜歯時の歯根破折回避のため、事前ジグリングを考えたが見える装置は受け入れてもらえなかった。小矯正装置を夜間のみ装着してもらうことにしたが、側切歯の位置が位置だけになかなか思うように力がかけられず、意図した動揺は得られなかった。

 ひとまず選手たちを信じて外科に集中した(6回までの展開で実は半分あきらめていた)。

 事前のCTで側切歯の彎曲は分かっていたが、抜歯してみると側方への彎曲は想像以上であった。(日を改めて報告)

 終わってWEBを開けてみると、追いついてんジャン!

 次の速報がなかなか入らないので次の患者さんの治療を終えてきてみたら何とサヨナラ勝ちしてた。 
気が気ではない_f0154626_17425448.jpg


 移植もうまく行ったし、こういう展開は良いね!!

 去年はTVにかじり付いていました。治療中の患者さんから
「先生行かなくて良いんですか?」
と、言われた。何でもその方のご主人は(数年後輩)球場に行っているらしい。

 その方の治療中に終戦となった。今年も明日が休養日だとしたら決勝は月曜?

 さあ大変だ。
気が気ではない_f0154626_1751341.jpg

# by fuji-dent | 2010-07-23 17:52 | その他

Campione

Campione_f0154626_1615135.jpg
せめてタコのパウル君には勝ちたいと思い、最初はオランダを応援することにしていました。しかし試合が始まり、スペインの華麗なパス回しのリズムを断とうとしたオランダが繰り広げた悪質なファウルの数々に、贔屓を変更。
審判は決勝でレッドカードを出すのを恐れ、何とか収拾しようとした結果が決勝戦史上最多のイエローカードとなりました。
日本の西村主審が第4審判として出場しました。ネットのニュースでスナイデルが「第4審判はイニエスタが報復の体当たりをしたのを見たと言った」と伝えられていましたが、もし言ったのが真実なら(審判としていただいた)メダルは返上すべきでしょう。審判団は一蓮托生、へたなことを言っては物議を招く。リプレイを見ましたが騒ぐほどのことではありませんでした。
Campione_f0154626_16233477.jpg

しかしイニエスタ、シャビ、セスク、スペイン選手のボール扱いのうまさには舌を巻きました。

いつも9時間近く寝ています。やっとゆっくりできます。
# by fuji-dent | 2010-07-13 16:59 | スポーツ

GTR・・・?

 先日の臨床歯科を語る会で、鬼神のごとく優秀な後輩、T先生に当ブログを来訪されたことがあると言われました。当ブログは趣味の話が8割以上なので、臨床歯科の先生方には秘密にしてきたのですが、知られた以上このままではいささか恥ずかしい。

今朝行われたW杯決勝の話題はひとまず置いておき、少し臨床の話題も取り上げます。

 さてこのX線写真はプラスチックの袋に入れたままコンデジで撮影したので、画像が荒れていますことはご容赦下さい。
GTR・・・?_f0154626_18194474.jpg


GTR・・・?_f0154626_18464769.jpg
これはGTR・・・・・・とは違います。


初診時50才女性。この日下顎右7抜歯。6には触らず約8年後。遠心には見事に歯槽骨が存在します。抜歯後3日目の6遠心のEPPは3ミリでした。
おそらく6遠心には一層歯根膜が残っていたのでしょう。
抜歯した歯牙の写真ですが、この遠心面でなく、なぜ近心面を撮っていなかったかが悔やまれます。6はしみるという訴えがあり、さもありなんと歯髄処置をしましたが、ひょっとしたら生活歯のままで行けたかもしれません。
いずれにせよ、炎症が強いときのX線像にだまされないようにすることが肝要です。
# by fuji-dent | 2010-07-12 18:36 | 経過観察

2010臨床歯科を語る会

 7月2〜4日まで、東京府中のクロスウェーブ府中で行われた「第30回臨床歯科を語る会」に参加してきました。
2010臨床歯科を語る会_f0154626_9252242.jpg
今年からの新しい会場は東芝府中のグランドの隣でした。豪華な施設に田舎者は戸惑うばかりでしたが、そこはそれいつもの顔ぶれです。心配したのはサッカー中継が見られるかということだけでした。部屋を見るとアナログではありましたがしっかり深夜見るにはいいポジションで一安心。
2010臨床歯科を語る会_f0154626_925373.jpg

 今回から松井実行委員長。30周年記念ということか、今回はいつもの分科会方式ではありませんでした。分科会だと身体がひとつなので悩ましいことこの上ない。そういう点では安心できるやり方ではあります。しかし発表者が限られ、発表者と受け手という一方通行になりがちで、全員参加というこの会のスタンスとは乖離してしまいます。なかなかこれも難しい。分科会方式にした場合は、大会の参加者にはせめて他の分科会の様子のDVDでも無料配布してもらえないものかと思います。
2010臨床歯科を語る会_f0154626_9325634.jpg

 「最小の侵襲で最大の効果を得る」というのが医療の原点だとたたき込まれてきた者としては「欠損した本数だけ埋入する」というインプラント埋入の原則には違和感を覚えてきました。今でも当院の3歯欠損への対応は2本のインプラントによるブリッジが基本方針です。インプラントは高額です。なるべく安い治療費で、でも患者さんには大喜びしてもらいたいというのが開業以来変わらぬ方針です。
 インプラントの適応症が拡がる一方、その限界も見えてきた昨今、慣れ親しんだ取り扱いができる歯牙移植への回帰とも呼べる今回のテーマは、臨床歯科としては当然の発想のようにも思えました。しかし、大御所S先生のように大臼歯を分割して使う度胸はボクにはありませんし、短縮歯列やむなしとする第2大臼歯の移植はドウカナー?
2010臨床歯科を語る会_f0154626_943360.jpg

懇親会、下川先生の爆笑を生む洒脱なご挨拶にはいつも感服させられます。あの毒舌が許されるのは、素晴らしい臨床家であることと、内面に後輩への愛情があることに他なりません。ブッフェスタイルで行われた懇親会の料理が昨日の前夜祭と寸分違わず同じだったのが、この会場の唯一の欠点でした。
2010臨床歯科を語る会_f0154626_9483911.jpg

続いて2次会。S先生の「家と遊ぶ」というテーマのプレゼンテーションは面白かった。この人はどうしてこんなにさわやかに、人に好感を持たれるプレゼンができるのだろうといつも感心します。富山のM先生、熊本のM先生はじめ、人の何倍も楽しそうに人生を過ごしているように思えるのは、すぐれた臨床家共通の要件なのでしょうか?

凡人のボクの楽しみと言えば2次会で北海道の先生より差し入れしていただくコレ。
2010臨床歯科を語る会_f0154626_9485570.jpg

ボクの日常でこんなに豪華なカニをいただく機会は臨床歯科しかありません。毎年1本を恭しく頂戴し、来年またここに来られるように祈るのであります。

最終日「欠損改変のためのインプラント植立への考察」は東京、神奈川2名そして熊本、4人のプレゼンでした。歯科雑誌や巷の講演会では聞けない、現場の実状を報告するという臨床歯科ならではの素晴らしいプレゼンテーションでした。しかし親分を除けばほぼ同世代の演者たち。そして新人発表も含めて2日間素晴らしいプレゼンばかりでした。

 郷土の歌人、石川啄木の歌に

 友が皆
 我より偉く見ゆる日よ
 花を買いきて 妻と親しむ

と言うのがありますが、まさにその心境。
でも、
花ではなくケーキを家族とスタッフに買ったのは、やはり凡人だからでしょう。
# by fuji-dent | 2010-07-06 10:23 | 学術研修

3日は休診です

ただでさえ土曜のお約束が取りづらくなっているところご迷惑をおかけしますが、次の土曜は東京で行われる、「臨床歯科を語る会」出席のため休診させていただきます。
 
 「臨床歯科を語る会」ホームページ

 この勉強会は、かつて在籍した火曜会同様に私の臨床を大きく育ててくれた勉強会で、会員は全国に約300名ほど。写真は昨年の様子です。上は全国の実行委員の先生方、真ん中は北九州の下川先生のCo2レーザーのテーブルクリニック,
一番下が私の参加したシンポジウムの開会前の様子です。
3日は休診です_f0154626_1674018.jpg
 
3日は休診です_f0154626_1682798.jpg
3日は休診です_f0154626_16174392.jpg
 会員は歯科臨床が大好きな人間ばかりです。昨年まで実行委員長を勤めてこられた須貝先生のHPに、当を得たこの会の説明文がありましたので拝借します。

「(臨床歯科を語る会は)来院される患者さんの口腔の健康を大切に考える歯科医の集まりです。巷では患者さんの美白やコンビニ的要望にのって口腔の健康を害する処置を平気で行っている歯科医も多くいます。お互いに同意の下で行われることですから許されることかもしれませんが処置を受けた方が高齢になったときにはきっと後悔されることだと思います。そういった治療を医師としての倫理観をもって絶対に行わないという先生方の集まりがこの臨床歯科を語る会です。」

 例年7月、七夕の時期に2泊3日で行われ今年で30回となりました。メンバーを見ますと歯科臨床雑誌の執筆者がゴロゴロ。私は第5回から、2回ほど行けない年もありましたがほぼ毎年参加してきました。この会で行われるケースプレゼンテーションのレベルは国内最高レベルで、しかも失敗、成功を包み隠さず報告します。懇親会や車座になっての2次会はその延長戦になること頻発。私も開業後15年ぐらいは毎年臨床スライドやレントゲン写真を持参し、参加される高名な先生方にアドバイスをお願いしたものです。私の他に岩手県の会員はずっと居ません。せっかくこういう会に参加して刺激を受けてきても、地元で続きを語り合える機会が無いのが残念です。

 ともあれ3日間、歯科キチガイに囲まれてまたまたパワーアップして帰ってくることで休診のお詫びとさせていただきます。
# by fuji-dent | 2010-07-01 15:53 | 学術研修

泣くな駒野

準々決勝に進めなかった原因は、シュートを決めきれなかった攻撃陣にもあるのだ。
泣くな駒野_f0154626_11155114.jpg

38年前の高体連県大会準決勝、0-0でボクが出て抽選負けしたことを思い出しました。
# by fuji-dent | 2010-07-01 11:30 | スポーツ

お見それしました

 勝って欲しいとはもちろん思っていましたが、開幕前は全く希望的要素はなく、3戦全敗と公言していました。誠に見る目が無く、監督始めプレーヤーの皆さんに心よりお詫びいたします(ペコリ)。

 でも、以前書いたように、第1戦の国歌斉唱の肩組みから、(おや!?)と思っていたのは事実です。選手の心が結集しているのを感じましたし、第1戦後、それを確信しました。
 (肩を組んでの国歌斉唱は、選手と一緒にサポーターもスタンドでやったらいいのに・・・)と思っていました。もしボクがスタンドに居たらそう呼びかけたでしょう。
 が、奇しくも木曜の朝、聞こえてくる中西哲生のラジオ番組の現地レポーターが、「我々も国歌斉唱を肩を組んでやろうと言うことにしました。」と言ったところ、感心した中西が、「それいいですね」とリスナーに同じことを呼びかけました。長男に紹介したら「うちもやろう!」と言うことになって、明け方の3時、テレビの前に立ち、息子と肩を組んで君が代でした。
 
お見それしました_f0154626_1251618.jpg
前半途中から起き出したパジャマ姿の次男、ハーフタイムにパソコンの前で兄弟揃って状況確認です。
 代表は間違いなく1試合1試合強くなっています。
お見それしました_f0154626_12461597.jpg
特にお見それしたのはこの人。前線でボールを受け、それが収まること収まること!
かつてこんなトラップをできたトップの選手は居たでしょうか?
2002の時の鈴木隆行も相手を背にして受けることはできましたが、昨日の本田はかわして前にも抜きました。

BIG MOUTHは実力も伴ってきたようです。
# by fuji-dent | 2010-06-25 12:53 | スポーツ